国土交通省より、来年10月の消費税率引上げに伴う 注文住宅等の取得支援策の内容等について情報が公表されました。

2019年10月1日からの消費税増税に伴って、注文住宅等の取得支援策を国土交通省が発表しました。

① 注文住宅は、1018年3月31日までに請負契約を締結すれば、2019年10月1日を過ぎての引渡でも消費税8%が適応されます。

詳しくはこちら

② すまいる給付金の受け取り額が最大30万円から最大50万円に、また収入額の目安も510万円以下から775万円以下に変更されます。

詳しくはこちら

③ 住宅ローン減税は、現行を延期、贈与税の非課税措置は、一般住宅は最大700万円から、2500万円に、質の高い住宅(弊社のアースティーはこちら)は、最大1200万円から3000万円に増額されます。

詳しくはこちら

国土交通省では、本日からの新聞広告を初め、ラジオ、インターネット等での周知広報展開を進めて行くそうですので、皆様も注意して最新の情報を確認して下さい。