千葉の注文住宅の内装を塗り壁にするメリットとは

千葉で注文住宅の内装を塗り壁にするメリットは何でしょうか。
そもそも塗り壁とはどんなものでしょうか。

 

□塗り壁とは

塗り壁とは、自然素材を使って壁を塗る工法のことです。
塗り壁には、土や植物などが使われるため、化学物質を使った板材と違って、アレルギーなどの症状が出にくいのが特徴です。
内装に塗り壁を使うと、天然素材を使うということ以外に、左官屋さんが手仕事で仕上げるので、見た目の風合いもよくなります。
いわば手作り感が出るということで、最近注目されるようになりました。
よく壁材として使われるビニールクロスなどは、施工が簡単で安くできるのが魅力なのですが、化学接着剤で貼りつけるためにアレルギーを起こしやすく、見た目も単調になるなど、風合いの点でも見劣りしてしまいます。
さらに、塗り壁には悪臭を抑えたり家の中の湿度を調整したり、カビなどの発生を防ぐ効果もあります。

 

□塗り壁の種類

塗り壁に使われる材料にはいくつかの種類があるので、ここで紹介しましょう。

 

*漆喰

漆喰は消石灰を原料として作られる壁材です。
消石灰に藁やスサ、糊を加えて水で練ったものが漆喰壁です。
素材が強アルカリ性で、紫外線を受けると漆喰そのものが浄化されるため、北側の壁に使うと藻やカビの発生が抑えられます。
表面は石灰の白っぽい色で、光沢のある仕上がりになります。

 

*珪藻土

珪藻土とは藻や植物性プランクトンが化石化したものです。
珪藻土には無数の穴が開いており、水分吸収が優れているのが特徴です。
また、珪藻土には脱臭作用もあるため、内装材に使うと家の中の臭いを吸収してくれる効果もあります。

 

*そとん壁

そとん壁はシラスでできた素材です。シラスはマグマが岩石になる前に粉状になったもので、吸水性がよいのが特徴です。

 

□内装を塗り壁にするメリット

塗り壁は天然素材を使っているので、健康によいのが一番のメリットでしょう。
また、塗り壁には湿度を調整する作用があるため、家の中を快適にしてくれます。
塗り壁の素材には、悪臭を吸着する作用があるため消臭効果も期待できます。
また、塗り壁には化学合成物が使われていないので、シックハウス症候群を起こしにくいのも大きなメリットです。
ただし、塗り壁は費用が高く、工期も長くなるデメリットがあります。

 

□まとめ

塗り壁とは、自然素材を使って壁を塗る工法のことです。
手作り感が出るのと化学物質を使わないため、アレルギーが出にくいのが特徴です。
塗り壁には漆喰、珪藻土、そとん壁などの種類があります。
塗り壁には湿度調整機能や消臭効果があります。
ただし、費用が高く工期が長くなるデメリットもあります。