ZEHって何?千葉の注文住宅企業が説明します

千葉の注文住宅でzZEHとは何なのでしょうか。
最近注目されているzZEHについて調べてみました。

 

□ZEHとは

ZEH(ゼッチ)とは、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略です。
これは、外壁の断熱性を向上させ、効率的な冷暖房システムの導入により大幅な省エネを実現し、再生可能エネルギーを導入して、年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロにすることを目指した住宅のことです。
国は、このような省エネ住宅建築を推進しており、2020年までに標準的な新築住宅の50%をZEHとし、2030年までに新築住宅のすべてがZEHになるように目指しています。
ちなみに、注文住宅を建てる側は、ZEH住宅にすることで補助金をもらえるというメリットがあります。

 

□ZEHの特徴

ZEHとは、「使うエネルギー≦創るエネルギー」になる住宅のことです。
通常、自然界から得られる変換加工のしない、石油やガス、石炭などのを、一次エネルギーと呼びます。
ZEH住宅に認定されると補助金がもらえますが、そのためには断熱性能、省エネ性能、太陽光発電などの創エネという3つの関門をクリアする必要があります。

 

*断熱性能

ZEH住宅として認定されるためには、外皮平均熱還流率(UA値)を、5地区、6地区では、0.6以下まで高める必要があります。

断熱性能がよくなれば、外気温の影響が受けにくくなりますので、冷暖房エネルギーを減らせます。

弊社では、標準断熱仕様が、0.4程度になりますので、断熱性のについての追加コストがなく穂補助金申請をする事が出来ます。

 

*省エネ

ZEHの認定には、HEMS(ヘムス)と呼ばれるシステムにより、住宅内の消費エネルギーと太陽光発電などで創るエネルギーを、確認できるようにしなければなりません。

HEMSは、自分で消費しているエネルギーや、作っているエネルギーが目で確認できるため、省エネを意識するのに非常に有効なシステムです。
このほか、エアコンを省エネタイプにしたり、少ないエネルギーで使える給湯器やLED照明なども、導入したりする必要があります。

 

*創エネ

太陽光発電など、再生可能エネルギーシステムの導入が必須です。
ZEH住宅として認められるためには、太陽光発電などで創り出すエネルギーが、消費エネルギーを上回る必要があります。

 

□ZEH住宅のメリット

ZEH住宅は補助金が受けられるほか、住宅内の温度差がほとんどないため、ヒートショックを抑えられるほか、エアコンの効果が向上するので快適に過ごせます。
また、太陽光発電があれば災害時や、不意の停電時でも電気を使えるというメリットがあったり、余った電気を売って収入を得る事が出来ます。

 

□まとめ

現在、国ではZEH住宅を増やすために補助金制度を設けています。
ZEHとは、「使うエネルギー≦創るエネルギー」になる住宅のことです。
ZEH住宅として認定されるためには、断熱、省エネ、創エネについての条件があります。