千葉でZEH注文住宅を建てる費用はどれくらい?

近年、ZEH住宅が脚光を浴びるようになりました。
千葉でZEH注文住宅を建てる際の費用は、どれくらいかかるのでしょうか。

 

□ZEH住宅とは

ZEH(ゼッチ)住宅とは、「Net Zero Energy House」の意味で、家のエネルギー収支がゼロかプラスになる住宅のことです。
ZEH住宅は、屋根や外壁、窓、床下などの断熱性を高めた住宅です。
家の中の温度を快適に保つ住宅で、夏は涼しく冬暖かい快適な住宅づくりを目指し、冷暖房費をできる限り抑えた暮らしを可能にします。
空調、給湯、照明などについて省エネ効果の高い設備を導入し、エネルギーの使用量を抑えた住宅を目指すものです。
ZEH住宅には太陽光発電システムが設置してあり、ナチュラルでクリーンなエネルギーを創り出すことも大きな特徴です。
太陽光発電による電気は日常の生活に使われるほか、蓄電池に蓄えて利用したり、余剰電力を電力会社に売って利益を得たりできます。
このように、ZEH住宅は断熱、省エネ、創エネによりエネルギー収支をゼロにするか、プラスにすることを目指しています。

 

□ZEH住宅のメリット

zeh住宅は快適な暮らしができる住宅です。
断熱効果に優れ、暖房や冷房に頼らない住宅は快適な住み心地です。
zeh住宅は家の中の温度差がほとんどないので、ヒートショックのリスクが大幅に軽減されます。
部屋によって温度差があることで急激な血圧の変動が起こり、心臓に負担がかかったり、脳梗塞を引き起こす原因となったりするのがヒートショックですが、zeh住宅ではその心配はほとんどありません。
また、ZEH住宅は太陽光発電や蓄電池により電気を供給できるので、災害時にも安心できる住宅となります。
さらに、ZEH住宅は将来住宅を売却するときに高値で売れる可能性が高く、資産価値が上がるというメリットもあります。
それは、平成28年から省エネ住宅を評価するBELS(建築物省エネルギー性能表示制度)が施行され、zeh住宅の不動産評価が上がったからです。

 

□ZEH住宅の費用

ZEH住宅を作るには、一般的には、300万円~350万円程度の費用がかかります。
しかし、弊社では、断熱性能(UA値)がZEHの基準を50%ほど上回っておりますので、追加工事になるのは、太陽光発電システムと申請に必要な各種計算、申請だけなので、200万円程度に抑える事が出来ます。

ただ、ZEH住宅の基準を満たす住宅には補助金が支給されるので、補助金を受けることにより必要な費用は減額されます。
2019年のZEH住宅に対する補助金は、一戸あたり70万円、ZEH+は、115万円となっています。

□まとめ

ZEH住宅は断熱、省エネ、創エネの基準を満たした住宅だけに認められるものです。
ZEH住宅を建てるには、一般的に300万円~350万円程度の費用がかかりますが、弊社では、断熱性能(UA値)がZEH基準を50%程上回っていますので、補助金をもらえると、実質85万円~125万円程度の出費となります。