ダブル断熱とは?千葉で注文住宅を検討している方必見です!

「ダブル断熱という言葉を聞いたことあるけど、どのようなものなんだろう?」
「ダブル断熱の効果について詳しく知りたい!」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
ダブル断熱という言葉を聞いたことがあるけど、具体的にどのようなものかわからないという方は多いのではないでしょうか?
そこで今回は、断熱要素の1つである、ダブル断熱という工法について詳しく解説します。

□ダブル断熱とは?

ダブルと付いていることからわかるように、壁や屋根の外と中のどちらに対しても断熱作用をもつ工法のことを指します。
屋根や壁の内側にも、外側にも断熱材を施します。
普通の工法に比べてダブル断熱は手間がかかってしまいますが、その性能の高い断熱工事が可能です。

 

*なぜダブルで使うの?

 

なぜダブルで合わせて用いるのかというと、内側用と外側用にはそれぞれがメリットとデメリットも持っています。
例えば、内断熱材は安い値段で施工が可能で種類が豊富な分、結露や熱損失が起こる可能性が高いです。
それに比べて外断熱材は種類があまり豊富ではなく、厚さも限定されるので、かかるコストは高くなってしまいますが、熱損失が少なく結露が起きにくいのが利点です。
この2つを合わせて使うことで片方のメリットが片方のデメリットを補い合う関係になり、欠点が少ない断熱が可能となります。

□ダブル断熱の効果

ダブル断熱には様々な効果が期待されます。
冬は暖かく、夏は涼しい家になることで快適に過ごすことができるポイントはもちろん、先ほど述べたように結露対策にもなります。
また、弊社標準仕様の高性能フェノールフォームは2つの優れた効果を持っています。
1つは性能が高い為、薄い材料で断熱効果が得られる。2つ目は、加熱硬化性のため火が付くと固くなり発火は無く、有毒ガスも発生させません。

性能の高い断熱材を屋根、壁共にダブルに入れる事で、結露やカビ、ダニの発生が抑えられ、快適な室内環境の省エネ住宅を実現する事が出来ます。


□まとめ

以上、今回は内断熱材と外断熱材を合わせて用いるダブル断熱についてご紹介しました。
ダブル断熱は、外と内、両方に断熱材を用いる工法でした。
内と外の断熱材がお互いのデメリットを補い合い、より質の高い断熱が可能となるものでしたね。
今回の記事を参考に、ぜひ一度ダブル断熱について検討してみてください。
また、何かご相談があれば、ぜひ当社へお問い合わせください。