千葉で注文住宅を検討している方必見!吹き抜けのメリットとデメリットをご紹介!

「吹き抜けのある家にしたい!」
「吹き抜けのメリットとデメリットについて詳しく知りたい!」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
吹き抜けのある家は開放感があり、おしゃれで憧れますよね。
しかし、吹き抜けのメリットとデメリットについてあまり詳しく知らないという方もいるかと思います。
そこで、今回は吹き抜けのある家のメリットとデメリットをご紹介します!

□吹き抜けのある家とは?

吹き抜けとは、一階と二階を区別する天井をなくし、上下階が繋がっている空間のことです。
吹き抜けの有無だけで家全体の雰囲気はガラッと変わります。
吹き抜けがあるだけで開放感を演出できるでしょう。
また、1階と2階を隔てるものがないことで、その空間が広く見えて光を取り入れやすくなります。

□吹き抜けのメリット

*開放感

 

吹き抜けの家にすることで得られるメリットはいくつかありますが、1番のメリットは開放感のある家になることでしょう。
1階と2階のスペースが分けられていないので、家の天井は高くなります。
この状態で1階から上を見上げると視線が通常の家よりも、視線の行き届く範囲が広くなります。
これにより、開放感を演出できます。
また、圧迫感を感じることはほとんどなく、快適に過ごせるでしょう。

 

*室内の明るさ

 

吹き抜けを作る場合、2階の壁に窓をつけるのが主流です。
このおかげで、通常より高い位置から部屋に光を取り込めるので室内全体が明るくなります。
室内の明るさは大変重要です。
一見ささいな点に見えますが住みやすさを決める上での重要なポイントと言えるでしょう。
また、南側にある家は比較的部屋が暗くなる傾向にありますが、吹き抜けのおかげで明るくできる可能性が高まります。

 

*空気の流れ

 

高性能住宅の場合、吹き抜けを作る事で、1階と2階の温度差が少なくなります。
ヒートショックで亡くなる方が増える中で、温度差の無い住まいを造る事はとても重要です。
冬はリビングのエアコン、夏は2階やロフトのエアコン1台で快適に過ごすには、断熱性能と空気の流れが重要になりますが、吹抜けがある事で比較的簡単に空気の流れを作れ、エアコン1台の省エネな生活を手に入れる事が出来ます。

□吹き抜けのデメリット

*2階がないこと

 

メリットだけ見るとすごくいいように見える吹き抜けのある家ですが、2階のスペースがなくなることがデメリットとしてあげられるでしょう。
2階に部屋がないことで収納部屋の確保が難しくなったり、個人の部屋を確保するのが難しくなったりします。
2階のスペースを取れない分、1階で作らなければいけなくなるので、1階も全体的に調整が必要となるでしょう。

 

*掃除の大変さ

 

2階に配置した窓は脚立を使ったり柄の長いモップでの掃除が必要なことから、大変さがわかるかと思います。
また、外側の窓はクモの巣やほこりがどうしてもついてしまうので、掃除には苦労するでしょう。

□まとめ

今回は吹き抜けのある家のメリットとデメリットについてご紹介しました。
メリットとしては、開放感・部屋全体の明るさを得られることでした。
デメリットとしては、掃除が大変・2階を作れないという点でしたね。
これらを考慮し、吹き抜けのある家にするかどうか検討してみてください。