広い土地のメリットとデメリットとは?千葉で注文住宅を検討している方必見!

「広い土地ってメリットだけじゃなくて、デメリットもあるのかな?」
「広い土地のメリットとデメリットについて詳しく知りたい!」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
広い土地はメリットだけでなく、デメリットも存在します。
しかし、どのようなデメリットが存在するのかわからないという方もいるかと思います。
そこで、今回は家を建てる際に広い土地を使うメリットとデメリットをご紹介します。

□広い土地のメリット

*自由に設計しやすくなる

 

土地が広い1番のメリットは、自分の要望を反映しやすくなる点です。
狭い土地だと反映できない自分の要望でも、広い土地だと簡単に反映できるので理想の家を作りやすいでしょう。

日当たりについても、南側のスペースが広くなれば一日中日当たりの住まいが創れます。
そのため、自分の趣味や家へのこだわりが強い人は広い土地を使って設計することをおすすめします。

 

*駐車場や庭の広さ

 

一戸建ての家に住む時は、十分なスペースの駐車場や庭がある方が生活しやすくなります。
土地の広さは家の中だけでなく家の外にも利用できます。
なので、複数台車を止められる駐車場を作ったり、子供が遊べる程度の広さを持つ庭を作ったりすることが可能です。
特に庭は、自分の趣味を反映しやすいポイントなので、そこが広いとより生活の充実度が高まるでしょう。

□広い土地のデメリット

*価格の高さ

 

メリットだけ見ると、誰もが広い土地を使いたいと思うでしょう。
しかし、使い勝手がいい分それだけ値段も高くなります。
よくあるのが、土地の高さによって想定していた費用より、実際にかかる金額が大きくなってしまった結果、建物にかける費用が無くなるといった問題です。
土地を選ぶ際は、建物の金額も含めて全体のバランスを考えながら進めていくことをおすすめします。

 

*維持について

 

庭が広ければより生活の充実度が高まりますが、それだけ維持費がかかります。
雑草の処理や芝刈りはお金がかかるだけでなく、体力も取られます。
お金と体力が関わってくることを念頭に置いて選びしましょう。

□まとめ

本日は、家の設計の際に広い土地を使うメリットとデメリットについてご紹介しました。
広い土地は、設計の自由度が上がって理想の家を建てやすくなります。
しかし、広ければ広いほど土地自体のお金や維持費がかかります。
ですので、全体の費用のバランスを考慮し、要望を適度に組み込んだ設計を行いましょう。
そういった設計は一人では難しいと思うので、専門家に相談するといいかと思います。
ソーケンアービックでは、土地選びの際のお手伝いも無料で行っていますので、何かご相談があれば、ぜひお問い合わせください。