千葉で注文住宅を検討中の方必見です!内断熱と外断熱の違いとは?

「内断熱と外断熱の違いってなんだろう?」
「違いやメリット・デメリットについて詳しく知りたい!」 
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
注文住宅を建てるのであれば、お住まいの断熱性も考慮したものにしたいですよね。
断熱性を優れたお住まいにする方法として、内断熱と外断熱と呼ばれるものがあるのをご存知でしょうか?
今回は、内断熱と外断熱の違いを、両者のメリット・デメリットから見ていきたいと思います。

 

□内断熱のメリットとデメリット

 

内断熱とは、柱と柱の間に断熱材を組み込んで断熱する工法を指します。
内断熱は基本的に安い値段で施工することができ、対応する工務店も数多くあります。
また、断熱材は種類が豊富なのもメリットの一つと言えるでしょう。
しかし、デメリットとして、結露に弱い点や太陽の日差しによる温度変化が原因で起きる熱損失を起こしやすいといった点が挙げられます。

□外断熱のメリットとデメリット

外断熱とは、内断熱と反対に、柱の外側に断熱材を組み込んで断熱する工法です。
柱の外に組み込むということは、お住まいを断熱材で包み込むので気密性や断熱性が大変高くなります。
実際に、内断熱工法よりも断熱性や気密性は高いです。
そのため、エアコンの使用量を抑えられ、省エネ効果が期待できるでしょう。
しかし、普及率は圧倒的に内断熱工法の方が高いので、扱っている店舗も少ないです。
また、取り扱っている業者が少ないので、コストが高くなる可能性があるでしょう。
外に断熱材を組み込むことで外壁が厚くなるので、敷地に余裕がなくてはならない点にも注意しましょう。

 

□ダブル断熱

今までは内断熱と外断熱を分けてご紹介しましたが、断熱性を高める工法には、ダブル断熱という工法もあります。
これはダブルという名前の通り、内断熱材と外断熱材の2つを両方使うことでお互いのデメリットをカバーし合います。
普通の工法に比べてダブル断熱は手間がかかってしまいますが、その分質の良い断熱が可能です。

□まとめ

今回は、内断熱と外断熱の違いを、両者のメリット・デメリットからご紹介しました。
それぞれ別々のメリットとデメリットを持っているので、それらを考慮し、どちらがいいか検討していきましょう。
注文住宅は自由度が高く、選択肢が広いです。
そのため、建てようと検討している方は悩んだり迷ったりすることが多くなるかと思います。
何かご相談があれば、ぜひ当社へお問い合わせください。