千葉で注文住宅を検討している方必見!照明計画のポイントとは?

「注文住宅を建てようか検討している」
「照明計画はどのようにするべきなんだろう?」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
照明計画は住まいの雰囲気に直結する大切なものですよね。
ポイントを押さえることで、居心地のいい空間を演出できます。
しかし、どのようなポイントを押さえるべきかについてあまり詳しく知らないという方もいるかと思います。
そこで、今回は照明計画で押さえるべきポイントについて詳しく解説します。

□ダウンライト

照明器具の中でも特に使いやすいのが、ダウンライトと呼ばれる種類のものです。
このライトは器具が小さいので、目立つことなく部屋を照らすことができます。
また、使い分けがしやすい点もダウンライトのメリットの1つでしょう。
例えば、複数のダウンライトを使うパターンもあれば、他の照明器具と合わせて使うといったパターンもあります。

また、最近では梁表し天井などでダウンライトが設置出来ない場合には薄型ダウンライトも開発されています。

□場所ごとのポイント

 

*リビングの照明

 

リビングは、家族全員がとても長い時間を過ごすことになる空間です。
また、家族でゆったり過ごしたりテレビを見たりと、リビングには幅広い用途があります。
そのため、リビングでどんな照明を使うかはとても重要です。
リビングの照明計画で失敗しないためのポイントは、複数の灯りを確保することです。
これには、LEDライトのような、色や光加減を調整できるものを配置することも当てはまります。

 

*玄関の照明

 

玄関は住まいの顔とも言われ、外から住まいの中に入る最初のスペースです。
玄関の照明の違いによって、その住まいの第一印象が大きく変わるでしょう。
重要な場所であるのと同時に失敗する確率が他の場所より高い点に注意が必要です。
玄関に照明をつけるときに大切なポイントは、どの方向から顔に光をあてるかです。
前から照らされた時と後ろから照らされた時の顔の見え方は大きく異なります。
明るい表情に見えた方が好印象を持ってくれるため、人の立つ位置を配慮して照明を取り付ける必要があります。
框(かまち)という靴を脱いで家に上がるところの上部に配置するのがおすすめです。

 

□まとめ

 

以上、今回は照明計画で押さえておくべきポイントをご紹介しました。
照明計画では、ライトの種類や場所ごとのポイントを押さえることが大切でした。
照明計画をしっかりとすることで、住まいの印象が大きく変わります。
今回の記事で紹介したものを参考に、照明計画をしていきましょう。
何かご相談があれば、ぜひ当社へお問い合わせください。