千葉で注文住宅を検討している方必見!注文住宅の際の見積もりの注意点とは?

「注文住宅を建てようか検討している」
「見積もりの際に注意点ってあるのかな?」
注文住宅を建てるとなると、必ず必要になるのが見積もりです。
しかし、見積もりをする際の注意点についてあまり詳しく知らないという方もいるかと思います。
そこで今回は、注文住宅の見積もりに関する注意点をご紹介します!

 

□見積書の有無

工事にかかる費用や期間は業者と注文者の間で決めます。
そこで費用の話をする時に、契約書に記載されているのが総額のみの場合があります。
この場合、見積もりがないのでどこにお金がかかったのかが注文者側にはわかりません。
それによってお金に関するトラブルの元になります。
費用について不鮮明な部分がないようにすることで、このトラブルを避けられます。
一部の工務店では実際に見積書を提示せずに契約しようとする店舗も存在します。
その時は見積書の提示を要求するか、他の信頼できる業者を探しましょう。

 

□見積書について

 

*一式表示

 

見積書は工事にかかった費用をどこに使っているかを記載しています。
ここで注意点は、見積書のページが多く、細かなところまで記載されているのかをチェックする必要があることです。
怪しい表示の例として、「一式という表示を使ってまとめる」といったものがあります。
これではどの素材を使ったのか、何個使ったのかなど分からないことがたくさんあるでしょう。
業者にとっては楽な書き方ですが、注文者にとっては見ただけで理解できないので、このような見積り書しか提出しない業者はなるべく避けるようにしましましょう。

また、詳細な見積もりの中でも専門用語が入っていたりしますので、不明な点は掘り下げて納得するまで質問しましょう。

 

*見積書以外も確認する

 

見積書だけを見てどのように工事が進んで行くのかを完全に理解するのは至難の技です。
そのため、見積書を見る際は仕様書と図面も合わせて見ましょう。
仕様書には、主にどこにどんな材料を使うか等がが具体的に書かれており、何にどのくらい費用がかかっているかが理解しやすくなります。
図面は住まいの想定完成図が記載されているので、ここでも自分の要望通りに進んでいるのかを入念にチェックしましょう。
このように、見積書単体を見るのではなく他の情報と合わせることで、費用に関して不鮮明な部分を減らせます。

 

□まとめ

 

今回は、注文住宅の見積もりに関する注意点をご紹介しました。
注意点としては、見積もりに関して出来る限り詳細な見積もりを出してもらい、不鮮明な部分をなくすことが大切でした。

契約しないと詳細見積もりを出さない工務店やハウスメーカーは避けるようにしましょう。
見積書以外の資料の確認をし、見積書の怪しい表示には気をしましょう。
注文住宅の見積もりの際には、今回ご紹介した注意点を参考にしてみてください。
また、何かご相談があれば、ぜひ当社へお問い合わせください。