掃除しやすい注文住宅の建て方を解説!

「こだわりの家を建てたのに、掃除がしにくいから大変!」
「どんな工夫をすれば、家を掃除しやすくなるのか分からない!」
このように、家は建てて終わりではなく、日々の掃除というメンテナンスが必要です。
掃除がしやすいとストレスなく家を綺麗に保つことができます。
そのためには、設計の段階から掃除のことを考える必要があります。
今回は茨城県で注文住宅を考えている方向けに、どのような工夫をすれば、家を掃除しやすくなるかについて紹介します。

□リビングでの工夫

居住スペースであるリビングは最も綺麗にしたい場所ですが、汚れや埃が溜まりやすい場所でもあります。
そのため、最も頻繁に掃除する場所とも言えます。
そんなリビングで掃除をしやすくする工夫は2つあります。
1つ目は、間取りをシンプルにすることです。
埃は部屋の隅に溜まりやすいです。
一番シンプルな四角の部屋だと、埃が溜まりやすい場所は4つだけです。
しかし、間取りが複雑になり仕切りが増えると、隅の数も比例して増えます。
そのため、埃が溜まりやすい場所が増えてしまって掃除が大変です。
できるだけ隅が少ない間取りにすると、掃除がしやすくなります。
2つ目は、コンセントの数を増やし配置をバラけさせることです。
コンセントの数が少なかったり、配置が一箇所に集中したりしているとタコ足配線になりがちです。
タコ足配線は、モップや掃除機で掃除がしづらく、埃が溜まりやすいです。
コンセント周りに埃が溜まると、発火の原因にもなり危険です。
そのため、コンセントの数を増やし配置をバラけさせることで、タコ足配線を防止できます。

□キッチンでの工夫

キッチン周りは、油汚れの掃除が大変です。
ガスコンロだと凹凸が多く、掃除の手間が多くなります。
そのため、凹凸の少ないIHクッキングヒーターを選ぶと掃除がしやすくなります。
また、キッチンはコンロだけでなく、コンロの周囲にも油が飛び散って汚れてしまいます。
壁についた油汚れを水拭きだけで綺麗にすることは困難なので、洗剤拭きに強い素材を選ぶと掃除しやすくなりますよ。

□まとめ

今回は注文住宅を建てる時に、掃除しやすくなる工夫を紹介しました。
掃除は日々行う作業です。
工夫次第で、掃除へのハードルが低くなり、家を綺麗にキープできます。
壁の素材やコンセントの数と配置、間取りは家を建てた後に変更することは難しいでしょう。
そのため、設計段階から考える必要があるので、注意してください。
どのような間取りや工夫をすれば掃除しやすくなるか相談や悩みがありましたら、気軽に当社へ足を運んでください。