注文住宅でエレベーターを設置する注意点とは!?

「介護のためにエレベーターを設置したいけど、何も分からない」
「将来腰が悪くなったことを考えて、エレベーター付きの住宅を建てようか迷っている」
ホームエレベーターはあまり普及していないので、周りの口コミで情報を集めることが困難だと思います。
そこで、今回はエレベーターを導入する際の注意点を茨城県で注文住宅を建てる方向けに解説していきます。

□はじめに

エレベーターの値段は設置コストを含め平均すると、約300~500万円ほどです。
種類は大きく2種類あります。
ロープ式と油圧式です。
ロープ式は、省エネや低騒音がメリットです。
油圧式は、数年に一度油交換のメンテナンスが必要で、約5万円です。
しかし、ロープ式に比べ、快適な乗り心地が利点です。

□ホームエレベーター導入の注意点

*ランニングコストがかかる!

マンションやビルのエレベーターと同様に、ホームエレベーターも設置して終わりではありません。
当然ながら、電気代や点検などの費用が必要になります。
電気代は、1ヶ月あたり約500〜600円程度が一般的です。
これは平均して1日あたり20回程度の利用を想定した金額となります。
当然ながら、利用頻度に比例して電気代は上がり下がりします。

*設置には法的な手続きが必要!

ホームエレベーターの設置には、建築確認申請と呼ばれる法的な手続きが必要になります。
まず現地調査から始まります。
現地調査でエレベーターが設置できる状況かを確認します。
設置が可能なら、工事に進みますが、この時に建築確認申請が必要になります。
所轄の行政庁への書類を提出しますが、内容が専門的なので、通常は業者が行います。
工事が完了したら再び検査をし、これを通過すると、検査済証が発行されます。

*住宅の強度が足りない場合

エレベーターの設置にはある程度の強度が必要です。
強度が足りないとエレベーターを設置できません。
その場合、以下の方法で設置できます。
それは、エレベーターの自立鉄塔を利用する方法です。
住宅の調査の結果、強度が足りないことがわかった場合に、この自立鉄塔を利用します。
費用は追加で50~100万円程になります。

□まとめ

今回はエレベーターを導入する際の注意点を解説してきました。
エレベーターのメリットは大きいですが、設置には考えないといけないことがいくつかあります。
これらを知っておくとエレベーターの設置がスムーズに進みます。
ホームエレベーター設置の相談や悩みがありましたら、ご気軽に当社へ足を運んでください。