注文住宅で収納を失敗しないための注意点!

「玄関の収納が少ないから靴があふれて、玄関が靴だらけになる!」
「ロフトに収納スペースを作ったけど、ハシゴでの上げ下げが面倒くさい!」
など、収納は日々使うものなので、失敗すると、ストレスを感じたり、デッドスペースができたりしてしまいます。
注文住宅での収納に関する失敗は、色々なパターンがあります。
今回は、収納での失敗例を紹介していきます。
失敗例を知ることで、同じミスをしないように対策をしてください。

□ウォークインクローゼットでの失敗

収納の間取りの一つとしてウォークインクローゼットに憧れを持つ方は多いと思います。
しかし、ウォークインクローゼットも考えて設計しないと失敗をしやすいポイントになります。
ウォークインクローゼットの大きなデメリットは、デッドスペースがあることです。
ウォークインクローゼットはそのシステムから、必ず収納物をおけない、デッドスペースができてしまいます。
そのため、床面積が広い家でないと、ウォークインクローゼットが他のスペースを圧迫してしまいます。
広さに制限がある場合は、ウォークインクローゼットはあまりオススメではありません。

□玄関の収納での失敗

下駄箱の上を飾り棚にしたために、靴が下駄箱に全部入らなくなった、という話をよく聞きます。
特に、家を建てた後に子どもが大きくなり、兄弟も増えた場合は、当然靴の数も増えていきます。

そして、収納が足りなくなって、玄関に溢れて困るケースが多いです。
傘やスリッパを置くスペースも意外に重要です。
しかし、家を設計するときに、忘れていて後で気づくというケースもあります。
一番よくあるパターンは居住スペースを優先しすぎて、玄関が狭くなってしまった失敗です。
玄関は軽視されがちですが、収納やスペースが狭いと失敗を感じやすいスペースですので、注意してください。

□まとめ

今回は注文住宅の収納に関する失敗でよくある例を紹介してきました。
収納は、今後どれだけ荷物が増えるのか、家の床面積とのバランスなどをよく考えて設計する必要があります。
間取り計画では収納の失敗を防ぐために、とにかく広い収納スペースを確保してしまう方もいます。
収納スペースの確保を優先して、リビングなどの居住空間が狭くなっては、家を何のために建てたのか分かりませんよね。
一般的に収納スペースは床面積の率で全体の12%あれば良いとされています。
これを一つの目安に、皆さんの生活にあった広さや量を考えてください。
収納の設計について、わからないことや、悩みがありましたら、ご気軽に当社へ相談してください。