子どもの安全と安心を考えた注文住宅の間取りとは?

「子どもは予想外のことをするから、安心できない」
「間取りが子育てに向いてなくて大変!」
などの悩みはありませんか?
子どもは、親が考えていない行動をしたり、目を離せないことが多いと思います。
これらの悩みは間取りの工夫で改善できます。
実は子育てに適した間取りがあります。
今回は、茨城県で注文住宅を建てる予定の方向けに、子育てを安心してできる間取りを紹介していきます。

□子どもを見守れるキッチン

家事をする上で一番多くの時間を過ごす場所はキッチンだと思います。
小さい子どもだと、急に泣き出したり、想像もしないことをしてしまいます。
キッチンから子どもの様子が見えないと、キッチンと子供のいる場所を何度も往復することになり大きな負担になります。
解決策は、対面式のオープンキッチンでリビングを見渡せるようにすることです。
オープンキッチンにすることで、子どもの様子や安全を見守りながら料理ができます。
子どもが成長し、大きくなるとおしゃべりを楽しみながらの料理ができます。
このように、オープンキッチンは子育てと家事の両立に有効な間取りと言えます。

□玄関を広めに設計する

小さな子どものいる親御さんの持ち物は、とても多くなります。
自分の荷物だけでなく、子どもの荷物もある程度持つことになるからです。
また、ベビーカーを収納したり広げたり、子どもに靴や上着を着せたりするとなると、かなりのスペースが必要になります。
そのため、狭いスペースの玄関だと、お出かけの度にバタバタしてしまいます。
ウォークインシューズクロークを設けたり、下駄箱収納を大きくして雨具などの収納スペースを確保したりすると、モノが溢れていないスッキリした玄関を保てます。

□リビングの一部に畳スペースを作る

子どもが小さいと、よく遊び疲れてリビングで昼寝をしてしまいます。
そうなった時、寝室まで抱っこで連れて行くことは大変ですし、ソファーに寝かせるのも寝返りが危険です。
そのため、リビングの一部に子どもと大人も横になり、くつろげる畳のスペースがあると便利です。
畳はフローリングよりはるかに柔らかく、落ち着くには最適のスペースです。
子どもが昼寝をしているときに、横で洗濯物をたたむこともできます。

□まとめ

今回は、安心して子育てできる間取りをいくつか紹介してきました。
ポイントは、子どもがいつでも目に入り、会話できるような間取りにすることです。
また、畳のスペースはとても便利で、家族のくつろぎのスペースとして最適です。
子育てに適した間取りについての、相談や悩みがありましたら、気軽に当社へ相談してください。