注文住宅を建てる方へ!業者とのトラブルの実例紹介!

「建築工事が予定より大幅に遅れた!」
「完成した家の間取りが、勝手に変更されていた!」
実は、注文住宅の施行中や、完成後にトラブルが発生する事例が多くあります。
大きな買い物である住宅でのトラブルは、可能な限り回避したいですよね。
今回は、注文住宅を建てる際に、実際にあったトラブルの事例と回避方法をご紹介します。

□建築計画の遅れ

当然ですが、新しい家が完成するタイミングに合わせて、引越しの準備を進めますよね。
しかし、いざ引越しするタイミングで工期に遅れが発生し、準備が無駄になるというトラブルが起こるかもしれません。
工期の遅れが発生した時のことを考えて、事前に施工会社と密に打合せをして工程を把握することが大切です。
現実的には、住宅建築においてスケジュールが予定通りに進むことは少ないです。
なぜなら、最近の猛暑や雨天などの天候に左右される作業が多いためです。
そのため、工程を常に把握することで、遅れの状況や原因を理解でき、遅れに合わせて適切な対応を取りやすくなります。

□図面と仕上がりにズレがある

図面と仕上がりに差異があるというトラブルは、発生させてはいけません。
しかし残念ながら、このようなトラブルを経験している方が一定数存在します。
本来、図面と内容を変更する際には、施主の同意がなければ不可能です。
しかし、配線や棚の大きさ、色の変更などの小さなことは現場レベルで行われるケースがあります。
このトラブルを起こす施工会社は、トラブルが発生するまでに兆候があります。
事前打ち合わせの中で、言ったことや言っていないことで揉め事が起こる、また時間を守らないなどです。
少しでもあやしいと感じたら、施工会社の変更を視野に入れることをお勧めします。

□費用が追加工事で大幅に増加した

施工会社に追加工事を提案され、内容や金額をしっかり確認しないまま進める方がいます。
金銭面でのトラブルを回避するためには、その都度、説明や見積もりを出してもらい、追加工事が納得できるものか検討して下さい。
住宅完成後に請求書を見て驚くことのないよう、施工会社や営業担当と連絡をこまめに取り、納得のできる工事にしていくことが重要です。

□まとめ

今回は、注文住宅を建てる際に、実際にあったトラブルの事例と回避方法をご紹介しました。
要約すると、施工会社からことあるごとに詳細な説明をしてもらい、施工状況を理解することが重要です。
大きな買い物である注文住宅でトラブルを発生させないために、業者に任せきりにしてはいけません。
インターネット上の情報は正しいとは限らないので、住宅会社を選ぶ際は実際に話を聞き判断してください。

弊社では、御施主様に、実際の工程を把握していただく為に、施工中の進捗状況を現場管理者から直接報告をするサービスを行っています。
施工時のトラブルに関して、相談や悩みがありましたら、気軽に当社へ足を運んでください。