注文住宅でエレベーターの設置と維持費用について

「最近腰が悪くて、階段の上り下りが辛い」
「買い物した荷物を上の階へ運ぶのがしんどい」
このように、一軒家ならではの悩みを持つ方が多くいらっしゃいます。
そんな時、家の中にエレベーターがあると一気に悩みが解決しますよね。
しかし、エレベーターの設置には高額な費用が必要になりそう、電気代がどれくらい必要か分からないなど、不安があると思います。
そこで今回は、エレベーターの設置や維持のコストの押さえておきたいポイントを、茨城県で注文住宅を建てる方向けに解説します。

□はじめに

ホームエレベーターは高額な贅沢設備だと思う方もいらっしゃいます。
しかし、近年は低価格な機種が、バリアフリー推進や介護の増加とともに、各メーカーから発表されています。
そのため、個人宅に導入することは容易になってきました。
では、実際にホームエレベーターを導入するには費用がどの程度かかるのでしょうか。
それには、大きく分けてランニングコストと設置費用が必要です。

□ホームエレベーターの設置費用

平均して、約300~500万円ほどが設置費用も含めたエレベーターの費用です。
また、ホームエレベーターを導入する場合には、設置の確認申請の提出が必要です。
また、防火地域に建物がある場合は建物の確認申請も必要になってきます。
これらの設計や現地調査も含めて10万円前後を追加で見積もっておくと良いです。
最後に、エレベーターの設置にはある程度の強度が必要です。
住宅の強度が足りない場合、以下の方法で設置できます。
それは、エレベーターの自立鉄塔を利用する方法です。
住宅の調査の結果、強度が足りないことがわかった場合に、この自立鉄塔を利用します。
費用は追加で50~100万円程になります。

□ホームエレベーターのランニングコスト

マンションやビルのエレベーターと同様に、ホームエレベーターも設置して終わりではありません。
当然ながら、電気代や点検などの費用がかかります。
電気代は、1ヶ月あたり約500〜600円程度です。
これは平均して1日あたり20回程度利用した一般的な金額となります。
当然ながら、利用する頻度が高くなると電気代は上がり、頻度が低ければ電気代は下がります。
次に、ホームエレベーターは車検と同様に、定期点検をする義務があります。
この定期点検は法律を守る為だけでなく、エレベーターの安全を守るためにも必要なことです。
エレベーターの事故は想像しただけで、恐ろしいことがわかると思います。
費用は約4~7万円が相場となります。
最後に、住宅の評価額がエレベーターを住宅に導入に伴い上がるため、固定資産税が上昇します。
導入しない場合に比べ、2万円ほど上昇します。
意外に知られていないことですが、重要なことです。

□まとめ

今回は、エレベーターの設置や維持のコストについて紹介してきました。
設置して終わりではなく、ランニングコストもかかります。
しかし、費用は色々とかかってきますが、その恩恵は非常に大きいです。
ホームエレベーター設置の相談や悩みがありましたら、ご気軽に当社へ足を運んでください。