注文住宅を失敗させない間取りの決め方を解説!

「よく考えずこだわりを入れすぎて、住みづらい家になった…」
「注文住宅は自由度が高すぎて間取りが決められない!」
このように、注文住宅の間取りに関する悩みの声をたくさん聞きます。
ほとんどの方が、家を買うことは一生に一度の大きな買い物なので、失敗したくないですよね。
しかし、「3回家を建てないと、満足できる家にできない」と言われているほど、家を建てることは難しいです。
そこで今回は、間取りを決める時に知っておくべきことや、押さえておきたいポイントを解説します。

□いい間取りを設計するための3つの注意点

いい間取りを設計するために、知っておくべき3つの注意点があります。
1つ目は、コンセントです。
コンセントは配置や、数の少なさで後悔する人が多くいます。
生活家電が増えてきた現代において、コンセントの配置や数は重要なポイントです。
生活動線にあわせて、適切な場所への配置と、少し多めに取り付けることをおすすめします。
2つ目は、収納スペースです。
収納スペースは広さと同じくらい、何をどこに収納するかが重要です。
まずは、使用頻度ごとに現状の荷物を仕分けして下さい。
そして、頻度が高いものは居住スペース近くに、年に数回程度の頻度が低いものは屋根裏にしまうなどの工夫をするのがおすすめです。
3つ目は、吹き抜けです。
吹き抜けは部屋が広く、明るく、開放的に見えるというメリットがあります。
高性能住宅においては、各部屋の温度差の無い温熱環境を作るには必須です。
ただ、その分間取りのむずかしさが増します。
大きさや位置については、設計者と良く打合せをして決める事が必要です。

□動線をよく考えた間取りを!

動線は、間取りを設計する上で最も重要なポイントです。
家の中での1日の行動を思い浮かべて、最も行動しやすくなる間取りを考えて下さい。
また、暮らしにかかわる動線を生活動線、家事をするときの動線を家事動線と言います。
この2つの動線がうまく行く間取り設計にできると、満足感の高い住宅になります。
日々繰り返す作業や行動がやりづらいと、毎日ストレスを感じ蓄積することになります。
よく考えて間取りを決めましょう。

□まとめ

今回は、間取りを決める時に知っておくべきことや、押さえておきたいポイントを紹介しました。
満足のできる間取りを設計するには、まず自分の生活スタイルを理解し把握することが重要です。
その後で、どうなればより快適になるかなどを考えて下さい。
間取りが自由に決められるのは、注文住宅の最大限のメリットですので、間取りの決め方や、
わからないことがありましたら、お気軽にご相談ください。