注文住宅をお考えのみなさん必見!外観の注意点とは?

注文住宅をお考えの方はいらっしゃいませんか?
「注文住宅に興味がある」「注文住宅で家を建てるときは、外観にこだわりたい」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
外観は家の第一印象を決めるので、大事なポイントです。
そこで今回は、注文住宅をするときの外観の注意点についてご紹介します!

 

□外観を決めるポイント

家の外観は、家の形状、窓の種類や配置、外壁の要素によって決まります。
家の形状、窓の種類や配置は、外観だけでなく部屋の間取りも左右します。
外観にこだわりを持ちすぎると、日当たりや風通しの良さなどの生活するために必要なポイントの確保ができなくなってしまうのです。
窓の種類や配置に関しては、日当たりや風通しの良さを意識し、家全体のバランスを整えることが大切です。
外観を決めるときに、一番重要といっても過言ではないのが外壁の色と素材です。
外壁の色は、好みの色を使用することができるとは限りません。
基本的には、汚れが目立ちにくく、落ち着いた色が人気です。
外壁の色は、屋根の色との調和も必要です。
面積は外壁ほど大きくないものの屋根の色も外観の印象を左右します。
また、外壁の素材についてもさまざまな種類があります。
外壁の色と素材がマッチするように選ぶことが必要です。

 

□外観を決めるときの注意点

*色

家の外観で、一番に目に入るのが壁の色です。
壁の色は家のイメージを左右するため、奇妙な色にすると近隣の家から苦情がくることもあります。
外壁の色を決める際は、周辺の家に与える影響を考えながら決めることが重要です。

 

*メンテナンス

外壁は日光や雨風に影響されるため、メンテナンスが欠かせません。
外壁の色や素材によっては定期的なメンテナンスが必要となってきます。
できるだけ外壁の状態を長持ちさせるために、定期的な点検と補修をすることが重要です。

 

*イメージの食い違い

家の外観を担当者に伝えたときに、イメージが食い違う可能性もあります。
イメージを伝えるときは言葉だけでなく、具体的な写真やイラストを用意しておくことで外観のイメージのズレを防ぐことができます。

 

□省エネ基準義務化の見送り

「新築住宅などの省エネ基準義務化を2020年までに進める」とされていましたが、住宅や小規模建物は見送りとなりました。
外観や内装を決めるときに省エネ基準に余り影響はありませんが、断熱性能の高い住宅は、エネルギーの消費が少なく特に冷暖房費が節約できて、毎月の光熱費が通常の家に比べて、半分以下のお宅も少なくありません。

義務化が見送られた分、建築士による断熱性能の説明が義務付けられます。

今後の住宅は、ハウスメーカーや工務店を選び際に、断熱性能を表すUA値などの数字を基準に選ぶことが重要です。

 

□まとめ

今回は、注文住宅をするときの外観の注意点についてご紹介いたしました。
憧れの注文住宅、失敗したくないですよね。
家の外観にはさまざまなデザインがあります。
外観を決めるときは、これらのポイントを参考にして、気に入ったデザインを選んでみてください!
注文住宅についてお困りのことがありましたら、一度お気軽に当社までお問い合わせください。