ルーフバルコニーのメリット・デメリットをご紹介

注文住宅をお考えの方はいらっしゃいませんか?
「そろそろ憧れのマイホームが欲しい」「オシャレな注文住宅に憧れている」とお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
おしゃれな家で憧れるのは、ルーフバルコニーですよね。
そこで今回は、注文住宅にルーフバルコニーを付ける際の、メリットとデメリットについてご紹介します。

 

□ルーフバルコニーとは


ルーフバルコニーはバルコニーの一種で、下の階の屋根に作られたバルコニーです。
日当たりや風通しが良く、開放的なスペースとなっています。
最近では、注文住宅でルーフバルコニーを考える人が増えてきています。

 

□メリット

 

*洗濯物を干す場所


注文住宅でルーフバルコニーを設置する場合の最大のポイントは、洗濯物が良く乾くことです。
ルーフバルコニーは、日当たりが良い上に風通しも良く、洗濯物を干す場所としては最適と言えます。

 

*リフレッシュ空間

 

ルーフバルコニーは、屋上にあるため眺めがよく、開放的な気分を味わうことができます。
また、家族でランチをしたり友達を呼んでパーティーをしたりストレス発散の場所にもなります。

 

□デメリット

 

*急な雨の対応


ルーフバルコニーは、基本的に屋根がないことが多いため、せっかく洗濯物を干していても雨が降ると濡れてしまいます。
雨の予報の日は、洗濯物を干すのはやめておくことをおすすめします。
また、ルーフバルコニーは雨漏りがした場合、被害が多くなってしまうことが一番のデメリットです。
ルーフバルコニーの下は部屋があることが多いので、雨漏りの場合室内が濡れてしまします。

 

*費用


雨漏りがあると補修費用などがかかり負担になってしまう為、メンテナンスは早めの対応が必要になります。

また、防水工事にしても、屋根扱いになりますので、防火の指定がある地域では、防火性能がある材料、

防水性や耐久性の高い材料を使うためコストが嵩みます。

 

□注意点

 

ルーフバルコニーは、作ったときは活用されますが、時間がたつと使われなくなってしまう方もいらっしゃいます。
プラン作成の段階から、使用用途を良く考えて採用する事が大切です。

また、近くに林や空き地などがある場合は、枯葉や泥などの掃除をまめにすることが必要となります。
これらを怠ると、大雨の時に排水が出来なくなり、雨漏れの原因となってしまいます。

 

□まとめ


今回は、注文住宅にルーフバルコニーを付ける際のメリットとデメリットについてご紹介しました。
憧れのマイホーム、失敗したくないですよね。
ルーフバルコニーを注文住宅でお考えの際は、ぜひ参考にしてみてください。
注文住宅で何かお困りがございましたら、一度当社にお問い合わせください。