新築に興味がある方必見!外断熱の種類とおすすめは?

「新築を建てる際に、外断熱を利用したい。」
「でも、外断熱の種類が多くて、どうやって選んだらいいのかわからない。」
このようなお悩みをお持ちの方は、たくさんいるのではないでしょうか。

外断熱には、種類が豊富に存在するため、選べなくて困っているというお悩みも少なくないと思います。

そこで今回の記事では、新築を建てる際に知っておきたい、外断熱の種類とおすすめについて説明していきます。

 

 

 

□断熱材の種類はどんなものがあるのか?

 

外断熱は、断熱材の種類によって効果が変わってきます。

 

*繊維系断熱材

 

この断熱材は、細かい繊維によって空気を遮断します。
また火災が起きにくい素材を用いていることです。
そのため万が一に備えて、火災発生のリスクを軽減することができます。
耐火性の有無は新築を建てる場合、重要視される方も多いポイントなので非常におすすめです。

 

*発泡プラスチック系断熱材

 

この断熱材は、プラスチックの中にある気泡を利用して空気を遮断します。
特徴としては、湿気に対して耐久的であるということです。
そのため、湿気の強い時期に悩まされるカビや錆の発生を防ぐことができます。

 

 

 

□新築を建てる際にどの断熱材がおすすめか?

 

上記のように、外断熱を用いる際の断熱材選びはとても重要です。
その中でも特におすすめの素材をご紹介します。

 

*グラスウール

 

最も人気のあるのがこのグラスウールです。
断熱機能はもちろんのこと、耐火性も非常に優れている万能的な断熱材です。
吸湿性は少し劣ってしまいますが、価格帯も比較的安い断熱材です。

 

*セルロースファイバー

 

セルロースファイバーは、使い古した新聞紙を原料にした環境にやさしい断熱材です。
特徴として、断熱機能が優れているだけでなく、耐火性、防音性、そして吸湿性も兼ね備えている点が挙げられます。
また断熱材の中で、最も機能性が高いため、住み心地の良い生活を送ることを約束してくれるでしょう。

 

 

 

□まとめ

 

今回の記事では、新築で外断熱を用いる際に知っておきたい、外断熱の種類について解説しました。
繊維系断熱材や発泡プラスチック系断熱材など、おすすめの素材をぜひチェックしてみてください。
外断熱を利用する際は、新築を建てる予定の環境や天候をもとに、どの素材がふさわしいのか詳しく計画する必要があります。

また当社はお客様の要望をもとに、満足していただける素材選びをお手伝い致します。
千葉県に新築を検討している方は、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。