千葉県で省エネな新築を検討している方!外断熱のデメリットは?

「外断熱を利用した省エネな新築を建てたい。」
「でも、外断熱にしたら本当にいいことばかりなの?」
このようなお悩みをお持ちの方は、多いのではないでしょうか。

特に、外断熱に関してはメリットばかり特集されていて、デメリットはないのかと不安を抱えている方も少なくないと思います。

そこで今回の記事では、外断熱を利用する際に気になるデメリットに関してご紹介していきます。

 

 

 

□外断熱を用いると省エネになる?

 

なぜ外断熱を利用すると省エネな住まいになるのでしょうか。

 

*光熱費を抑えられるから

 

外断熱には、屋内の温度を外に逃がしにくいという特徴があります。
そのため住まい全体で断熱材を使用することによって、適温状態を維持しやすくなります。
その結果、冷暖房の電化製品の利用が減り、光熱費を削減することもできますよ。
光熱費を抑えた省エネな生活を望む方におすすめです。

 

*住まいの耐久度を維持できるから

 

外断熱のもう一つの特徴として、住まいの耐久性を高める効果があります。
例えば外断熱は結露の発生を抑えて、カビや錆のようを発生しにくくし、住まいの劣化を防ぐことができます。
結果として、改装の回数を必要最低限に抑えられ、省エネな住まいが実現します。

 

 

 

□外断熱のデメリットについて

 

上記したように、外断熱には多くのメリットがあります。
しかし、多少なりともデメリットもありますのでご紹介していきます。

 

*外壁が厚くなる

 

外断熱を用いることは断熱材を壁と柱の間に設置していくため、外壁が厚くなってしまいます。
そのため、新築を建てる際に、断熱材の厚みの分(2~3cm程)、敷地や間取りに余裕が必要となるので、狭小地やデザインが複雑な間取りの場合には導入が厳しい可能性もあります。

 

*換気の習慣がより必要

 

通常の住まいに比べて、外断熱は気密が高くなるため、外の空気を屋内に取り入れにくくします。

その分、良いこともありますが、きちんとした換気計画が必要になります。
間取りの設計にの段階から、換気計画も併せて進めて行く必要があります。

 

 

□まとめ

 

今回の記事では、新築を建てる際に気になる、外断熱のデメリットについて解説してきました。

外断熱に多少のデメリットはあるものの、メリットの方がはるかに多く、外断熱による快適な省エネ生活は、なんとも魅力的です。

当社は、長い間外断熱の注文住宅を手掛けて来ていますので、断熱計画や換気計画もお手の物です。
千葉県で新築を建てたいと考えている方は,ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。