新築を建てたい方必見!外断熱が省エネなのはなぜ?

「外断熱を利用した新築にするべきか悩んでいる。」
「実際なぜ外断熱が良いのかわからない。」

このようにお考えの方も、たくさんいるのではないでしょうか。
外断熱がなぜ必要なのか、詳しく知っておきたいですよね。

そこで今回の記事では、千葉で新築を建てる際に知っておきたい外断熱について、当社が解説していきます。

 

 

 

□外断熱とは?

 

まずは外断熱について簡潔に説明していきます。
住まいの断熱には、断熱材というものを使用します。
外断熱の場合、断熱材は柱と壁の間に設置するため、内断熱と違い、柱の外側で熱を断つことができるのです。
特に夏には暑い陽射しをしのぎ、家の中を涼しく快適に保つことができます。

 

 


□外断熱がもたらす効果とは?

 

*温度を維持する機密性

 

外断熱の特徴には、その建物全体を断熱材で包みこむ為、気密性の高さが挙げられます。
屋内の温度を外に逃がさず、屋外の熱も室内に持ち込まず、快適な温度を保つことができます。

 

*結露の発生を抑えることができる

 

しっかりと、外断熱で建物を包むことで、屋外と屋内熱の伝わりを無くし、結露の発生を抑えることができます。
特に冬のような結露の発生しやすい時期には、とてもうれしい効果です。

また結露の発生を抑えることで、カビや錆の発生をも抑えられ、建物の劣化を防ぐことができます。
新築で購入された住まいをキレイな状態で長い間保つことができて嬉しいですよね。

 

 

 

□外断熱は、なぜ省エネになるのか?

 

上記のように、外断熱を用いることで多くの効果が生まれることがお分かりいただけたと思います。
では、外断熱が省エネにつながる理由について説明していきます。

外断熱を用いると、外の気温にあまり左右されずに生活していくことができます。
夏季や冬季のように、生活するうえで気温がなかなか厳しい時期に、外の温度を屋内に入れない仕組みは特に省エネ対策に繋がりますよね。
外断熱を導入すれば、自然とエアコンの使用頻度は減っていきますよ。

またエアコンを消した後でも、冷気や暖気は持続しやすく、かなり省エネな暮らしを実現できます。

 

 

 

□まとめ

 

今回の記事では、新築を建てる際の外断熱の必要性について解説しました。

この記事を通して、外断熱の仕組みや、なぜ外断熱が省エネにつながるのかわかっていただけたと思います。
少ない光熱費で快適な生活を送りたい方には外断熱がおすすめです。
ぜひ外断熱の導入を検討してみてください。

当社は、上記した外断熱の他にも多くの省エネプランがございます。
千葉県に新築をご検討されている方は、ぜひ一度当社までお気軽にお問い合わせくださいね。