千葉県に新築を建てたい方必見!外断熱の種類と選び方は?

「新築を外断熱で省エネ住宅にしたい。」
「でも、外断熱の種類が豊富で選べない。」
このようなお悩みをお持ちの方は、たくさんいるのではないでしょうか。

外断熱は種類によって、使用する際の効果が大きく変わるため、選択が重要になってきます。
そこで今回の記事では、新築を建てる際に知っておきたい、外断熱の種類の選び方について解説していきます。

 

□断熱工法はどのような物があるのか

断熱材と言ってもその工法のしかたによってその特徴が変わってきます。

簡単に工法による特徴を最初にお話します。

 

*内断熱(充填断熱)工法

壁の内側に入れる断熱工法で、施工が簡単で断熱の種類を多く使うことが出来ます。

反面、柱や土台、梁があるところには断熱材が入らず、その周辺で壁体内結露が起こり易くなります。

 

 

*外断熱工法

その名の通り、柱や梁の外側に断熱材を施していく工法です。

断熱欠損が無く、内断熱工法に比べて断熱性能、気密性能を高くすることが出来ます。

反面、柱などの外側に断熱材を施すので厚みに制限があり、繊維状の断熱材を使用する事は出来ません。

 

 

*ダブル断熱工法

上記の内断熱工法と外断熱工法を同時に取り入れた断熱工法です。

最も断熱性能が高くなりますが、断熱材のコストも高くなります。

 

□外断熱材にはどのような種類が存在するのか?

 

外断熱の機能を導入するには、断熱材を用います。
断熱材を使用し通常の外壁の内部にもう一層壁を作り、屋内への熱の侵入を遮断します。

そして断熱材の種類を選ぶことが非常に重要です。
ここで断熱材の種類について簡単に解説していきます。

 

*繊維系断熱材

 

この断熱材は、ガラス繊維(ガラスウール)や鉱石の含んだ細かい繊維(ロックウール)によって空気を遮断します。
またロックウール繊維系断熱材の特徴は、火災が起きにくい素材であったり、吸音材としても効果があります。
ただ、断熱性能に有効な外断熱に使用する事は出来ず、繊維状の為、柱や土台などと隙間が生じやすく結露の発生が問題となっています。

 

*発泡プラスチック系断熱材

 

この断熱材は、プラスチックの中にある気泡を利用して空気を遮断します。

その密度や原材料により性能も変わってきますが、代表的な物にフェノールフォーム、ポリスチレンフォーム、ウレタンフォームなどがあります。
また湿気に対して強く、湿気によるカビや錆の発生を防いでくれ、整形がっ然りとしていますので隅間のない断熱施工が可能な素材です。

 

 

 

□断熱材の選び方

 

断熱材の種類には、様々な観点から選ぶことができます。

 

 

*性能比較

断熱材の性能を表す物として『熱貫流率』があり、数値が低い程断熱性能が高くなります。

性能の高い順に並べると フェノールフォーム⇒ウレタンフォーム⇒ポリスチレンフォーム⇒ロックウール⇒グラスウール。

原材料が同じでも密度により差は出てきますが、おおよその性能は上記のようになります。

 

*コスト比較

 

断熱材は、物によってかなりコストが変わってきます。
例えば、一般的に最も普及しているグラスウールは、リサイクルガラスから作られているため、コストをかなり抑えることができます。

 

 

*安全性

安全性には、健康に対する安全性と火災時の安全性があります。

繊維系の場合、湿気をすいやすく、カビやダニの発生の温床となりやすく、調湿の少ない発砲系の断熱材はその点は優れています。

火災時の安全性については、繊維系ではロックウールが燃えにくく優れた性能があります。

また、発砲系では、ウレタンフォームやポリスチレンフォームが火が付くと有毒ガスを発しながら溶けていくのに対して、フェノールフォームは、熱せられると硬化をお越し、火がつかず有毒ガスの発生もしません。その分、逃げる時間が稼げます。

フェノールフォームを使っている身近な物としては、フライパンや鍋などの取っ手があります。

 

 

 

 

□断熱材を選ぶ際の注意事項

 

断熱材はコストと同時に、施工性の良し悪しで費用に差が出てくるのも特徴的です。

 

 

 

□まとめ

 

今回は新築を建てる際に知っておきたい、外断熱の種類、選び方について解説してきました。

外断熱の種類について、どのような観点から選ぶべきかお分かりいただけたと思います。
また当社には、他にも種類の選び方のご相談、提案をしております。
千葉県に新築を検討されている方は、ぜひ一度お問い合わせください。