千葉県に一戸建てを検討している方必見!自然素材の注意点とは?

「新築を建てるなら、一戸建てに自然素材を使いたい。」
「でも自然素材で注文住宅を建てるときに、注意するべきことがわからない。」
このようなお悩みをお持ちの方は、多いのではないでしょうか。

自然素材を選ぶ際のポイントが曖昧な方も少なくないと思います。
そこで今回の記事では、一戸建てに自然素材を用いる際の注意点とその対策についてご紹介していきます。

 

 

 

□自然素材にはどのような注意点があるのか?

 

自然素材には見た目の美しさ、自然のぬくもり、肌触りの良さといったように利点がたくさんあります。
ここでは自然素材の注意点について説明していきます。

 

*湿気の多い状態

 

木材は湿気の多い状態が長時間続くと、腐ってしまう場合があります。

屋外の場合、屋根の構造によっては壁が濡れやすく、柱が濡れた状態のままなかなか乾燥せずに自然素材を腐らせてしまうこともあります。
また、雨のような外からの湿気だけでなく、屋内の断熱性能の低さや冷暖房によって発生する結露も原因の一つです。

 

*無垢材は経年変化が生じる

 

自然素材として無垢材を使用する場合の注意点として、無垢材は経年変化を生じる点があります。
無垢材を長期間用いると、通常の集成材に比べて反り、割れ、ゆがみが生じてきます。
この点は、今まで無垢材を使用したことのない方からすると不安になる要素として挙げられます。

 

*珪藻土の手触りには注意が必要

 

珪藻土は、珪藻という植物プランクトンが死んだ際に発生する殻が沈殿して作られる土のことです。

固まった珪藻土の壁で、赤ちゃんなどのデッリケートな肌をこすると傷ついてしまうこともあります。
逆に、珪藻土には、自然素材として湿度調整をしてくれるメリットもあります。

 

 

□注意点への対策とは

 

*湿度対策

 

湿度の対策については、屋外の場合やはり壁から雨が当たりにくい設計にする必要があるでしょう。
また、断熱性能や気密性能の優れた住宅にして、温度差によって発生する結露の発生を抑制する事も、建物の寿命にとって有効な手法と言えます。

 

 

*無垢材の形状変化には心配無用

 

無垢材は経年変化によって天然乾燥が進み素材の強度を高めてくれます。
大きなひび割れなどがヘッセいしなければ、構造上にも問題なく、快適な暮らしを継続していただけます。

 

*珪藻土の用いる場所を工夫する

 

ゴツゴツとした肌触りなだけに、怪我をする危険性を少しでも軽減できるように心掛けましょう。
そのために、小さな赤ちゃん等が常に触れるような場所に設置することは避けるようにしましょう。

 

 

 

□まとめ

 

今回の記事では、一戸建てに自然素材を用いる際の注意点やその対策について説明してきました。
注意点に気をつけながら、快適な生活を送っていただければ幸いです。

当社には、上記した他にも多くの対策方法をお客様のご要望に沿って提案していきます。
千葉県の一戸建てを検討されている方は、ぜひ一度お問い合わせください。