省エネ住宅のメリット紹介します

せっかく引っ越すなら良い性能の住宅に住みたくないですか?

良い性能と言っても様々なものがありますが、その中でも最近よく言われるのが省エネ住宅です。

省エネ住宅が良いと言われる理由は多くあります。
実は国が推奨するような良いこともあるのです。

そこで今日は特に千葉県へ引っ越しを検討されている方へ向けて、省エネ住宅についてメリットとデメリットを紹介します。

 

□省エネ住宅とは

 

まずは省エネ住宅とは一体どのようなものかを紹介します。

省エネ住宅とは少ないエネルギーで生活できる住宅です。
その具体的な方法は、断熱性を高め冷暖房にかかるエネルギーを押さえたり、再生可能エネルギーを利用したりする方法があります。
それらは1つひとつでは少しの効果しか得ることはできません。
しかし、それらを上手く組み合わせることで少ないエネルギーで生活できるようになります。

この少ないエネルギーで生活するということは様々なメリットをもたらしてくれます。

 

□省エネ住宅のメリット

 

省エネ住宅とは一体どのようなものかを紹介しました。
次は、省エネ住宅で生活することで得られるメリットを紹介します。

 

*環境に優しい

 

1つ目は環境に優しいという点です。

基本的にエネルギーを使うとその分環境に負担を与えます。
技術の進歩により再生可能エネルギーを利用しての発電や発電効率を上げる施設などが導入されてはいますが、やはり化石燃料を使った発電の場合一定の負担はあります。

そこで使用する量を減らすことで環境への負担を減らします。
これは一見、個人のメリットではないかもしれませんが、長期的に見ると環境問題は個人にも関わることなので重要です。

 

*光熱費がかからない

 

2つ目は光熱費についてです。
省エネ住宅はエネルギーの消費が少ない、又は実質的には無くなるので光熱費がかからなくなります。

現在、月に2万円かかっている光熱費が無くなると家計にとってはありがたいですよね。

 

□省エネ住宅のデメリット

 

ここまでメリットを紹介してきました。
次はデメリットについて紹介します。

 

*費用がかかる

 

1つ目は費用の問題です。

省エネ住宅には高い技術が必要です。
その分、建設費用も高くなります。

しかし、毎月の光熱費が少なくなったり、国からの税金の控除を得られたりすることもあります。
ただ、省エネの恩恵により数年で元を取る事が出来ます。

 

*手続きに手間がかかる

 

省エネ住宅で国からのZEH補助金などを受けようとした場合、手間がかかります。
建設業者にお願いするといいですが、その分手数料がかかることもあります。
依頼する場合は注意してください。

 

□まとめ

 

今日は省エネ住宅について紹介してきました。

環境問題が重要視されている今、日々の生活での消費エネルギーをいかに減らすかが重要な問題です。
またそれに加えて個人的にもメリットが多くある省エネ住宅をぜひ、検討してみてください。