茨城で住むことになった方へ!省エネ住宅とはどのようなもの?

普段生活をしているとレジ袋ではなくエコバックを使うべき、CO2削減のため電車を利用するべきなど、よく「エコ」や「省エネ」という言葉を聞きませんか?

これらは地球の環境問題のために言われているものです。
そして「省エネ」、「エコ」という言葉は住宅にも無関係ではありません。

最近、「省エネ住宅」という言葉がよく言われています。
省エネ住宅は確かに地球にやさしいものです。
しかし、地球だけではなく人にもメリットがあります。

今回は省エネ住宅とはどのようなものか、その特徴を茨城に省エネ注文住宅を建てることを検討されている方へ紹介します。


□省エネ住宅について

 

省エネ住宅とは一体どのようなものなのかをはじめに紹介します。

省エネ住宅は、少ないエネルギーで生活を行うことができる住宅です。
その為に断熱性能、発電設備などを準備します。

例えば、断熱性能が悪く直ぐに外に熱が逃げる住宅と断熱性能が良い住宅があり、そこで設定温度25度で暖房を使ったとします。

断熱性能が低い住宅の場合、暖かい空気を逃がし暖まるのに時間がかかります。
しかし、断熱性能が良い住宅は直ぐに暖まり、それを維持します。
その結果、25度まで上げ、維持するために使うエネルギーは断熱性能が良い方が少なくて済みます。

また、再生可能エネルギーを利用した太陽光パネルで発電を住宅で行うことで自らの生活に使うエネルギーの全部又は、一部を賄うこともできます。


□省エネ住宅のメリット

 

省エネ住宅について紹介してきました。
次はその特徴とメリットを紹介します。

 

*快適

 

1つ目のメリットは省エネ住宅では快適に過ごすことができます。
その理由は、断熱性能が良いために冬は暖かく、夏は涼しく過ごせるからです。

また、各部屋の温度差も少なくなり、ヒートショックの軽減にもつながります。

 

*光熱費が少なくなる

 

2つ目は光熱費の削減です。

冷暖房にかかる費用は断熱性能が高いから少なくなります。
また、太陽光発電の設備を導入し自ら発電を行えるようになると自分で使用するぶんは発電した電気で補うことができます。

このかかる費用の少なさと、自らの発電により光熱費がほとんどかからなくなります。

 

*国から補助がある

 

最後は国から補助が出る場合があることです。

一定の条件を満たし、申請を行う必要がありますが国から補助をもらえることがあります。
国の視点からすると、国全体としてのCO2削減目標を掲げているために個々の住宅の省エネ住宅化は有益になるのです。


□まとめ

 

今回は省エネ住宅についての特徴、メリットを紹介しました。

省エネ住宅は費用が少しかかりますが、数年でその費用が回収できて、その分メリットが多くあるものです。
また、将来的には省エネ住宅が当たり前となるでしょう。

せっかく今新たな住宅を検討しているのであれば、省エネ住宅の導入をおすすめします。