柏市で注文住宅を使ったおしゃれな間取りにしませんか?

注文住宅で新しい住宅を建てようと検討中のみなさん、せっかくの注文住宅をおしゃれな間取りにしませんか?

住宅の内観イメージを決めるのは間取りと言っても過言でないくらい間取りは重要なものです。
間取りをどのようなものにするかによって内観の雰囲気は大きく変わります。

今日は柏市のみなさんにおしゃれな間取りについてご紹介します。


□間取りを考えるポイント

 

まずは間取りを考える上で重要なポイントを紹介します。

 

*生活動線

 

1つ目は生活動線です。

どのような生活を送るのかは人により様々です。
子供のいる家庭、高齢者の方がいる家庭、そのどちらもいない家庭など様々な家庭がありますが、それらの家庭の生活スタイルに合わせた間取りを考えなければなりません。

おしゃれを意識しすぎると快適な生活を我慢することになると思われがちですが、それはファッションの世界での事で住宅の世界では、毎日の生活で我慢するとなるとストレスとなってしまいますので、おしゃれさと使いやすさを兼ね備えた間取りを考える事が重要です。

 

*空間の使い方

 

2つ目は空間の使い方です。
間取りは平面で考えるのではなく立体的に考えます。

そのため空間をどのように使うのかが重要となります。
収納に使うのか、設備を置くのか、何もない空間にするのかなど考えることは多くあります。

何もない空間が少ないと狭く感じ、収納や生活に必要な設備が少ないと不便になります。
そのバランスを考えることが大切です。


□実際にあるおしゃれな間取り

 

次は実際に存在するおしゃれな間取りを紹介します。

 

*吹き抜け

 

1つ目は吹き抜けです。
吹き抜けは1階から2階へと突き抜けていることが多く、開放感をもたらします。

また、吹き抜けの部分に窓を付けると上から光が下りてくるので、太陽の動きを感じることができます。

吹抜けは、冷暖房費が嵩むと思われがちですが、ダブル断熱の注文住宅ではそのような事はなく、温度差の無い住まいづくりにはとても大切な空間となります。

 

*リビング階段

 

2つ目はリビング階段です。

これはよく吹き抜けとセットで使われ、リビングに階段を置くことで開放的になります。
さらに上の階に行くにはリビングを通る必要があるので、ご家族の行き来が感じられ、自ずと家族の会話が生まれやすくなります。

 

*対面キッチン

 

次に紹介するのは対面キッチンです。

ダイニングとキッチン、リビングとキッチンが対面になっているキッチンです。
食事を取りながら調理をすることができたり、調理後の配膳が楽になったりします。

子供がリビングに居ることを確認しやすいので小さな子供がいる家庭にもおすすめで、キッチンからリビングのテレビを見たり、ご家族と会話をしながら調理をする事も出来ます。


□まとめ

 

今回は注文住宅でおしゃれな間取りにするためのポイントと実際にあるおしゃれな間取りを柏の皆様に紹介しました。

間取りを考える上で重要なのは、自らの生活に合わせることです。
また、おしゃれも人によって内容が異なります。
注文住宅では、それぞれの家庭の生活スタイルに合わせ、自分や家族の理想を深く考えることで失敗しない間取りにすることができます。