部屋が寒すぎる!?専門家がおすすめする住まいの断熱方法

「暖房をつけているはずなのに全く暖かくならない」
冬になるとどの家庭も暖房を使い始めますよね。
しかし、その時問題になるのが「全く暖かくならない」ということです。
暖房が古いから、ということもありますが、多くの場合問題は断熱で解決することが可能です。
この記事では住まいにおける断熱の重要性、どのようにしたら部屋が暖かくなるのか、についてご紹介します。

 

□温度差の違いによって引き起こる様々な死亡事故

 

住まい内のバリアフリーは家の中の段差を減らしたり、手すりをつけたりなど見えるところばかり行われています。
しかし、本当に気をつけなければいけないのは「見えないところ」のバリアフリーです。
脱衣所や浴室で、住まいの温度差から起こるヒートショックによる死亡事故が年間15,000人を超えると推定されています。
温暖な春や秋はあまり心配がありませんが、冬になると暖房されている部屋と、トイレや脱衣所、浴室の温度差は10度以上になるとも言われています。

脱衣所や浴室の寒さの為、人の身体は血管を収縮させて血圧を上げますが、湯船につかった時は、一気に欠陥を膨張させて血圧を下げ、逆にお風呂から出る時はその反対で血管の伸縮がおき、これが原因で脳梗塞や心筋梗塞をおこします。

これが、ヒートショックのメカニズムです。
これら、ヒートショックを予防するには、各部屋の温度差の少ない断熱性能の高い住まいづくりが重要となります。

□断熱には様々な方法がある


*外張り断熱とは


外張り断熱と後で説明する充填断熱は代表的な断熱方法です。
外張り断熱方法とは住まいを外側から包み断熱する方法です。
この断熱方法では断熱材が柱・梁の外側にあるため、壁全体を温かい状態で維持することができます。
また外張り断熱では柱の外側から断熱するので夏・冬を通して壁内も室内と同じ環境になり、壁が腐る原因でもある壁体内結露を防ぐことができます。

 

*充填断熱とは


充填断熱とは壁の中に断熱材を入れる方法で、木造住宅で広く用いられる工法です。
この方法のメリットは安く断熱ができるということです。
壁の内側の空間を利用するため、断熱用のスペースを作る必要がないため低コストで施工できますが、柱や梁の部分に断熱工事が施されない為、断熱性能にムラが出来、壁体内結露を招き、カビやダニの発生が起こり易くなります。

 

□おすすめする断熱方法

 

これまで二つの方法をご紹介しましたが一番おすすめする断熱方法は最新工法のダブル断熱工法です。

*ダブル外断熱方法とは


ダブル外断熱方法とは柱の中と外、どちら側にも断熱材を入れる方法です。
中と外に断熱材を入れることにより、屋根や壁の断熱にムラが起きにくく、結露の発生を抑え、温度差の無い住まいづくりには最適の断熱工法と言えます。

 

□まとめ

 

この記事では、「断熱工事をしっかりとしないと部屋の温度差によって最悪死亡する場合がある、断熱は大切、またその際に一番おすすめする方法はダブル外断熱方法である」ということをご紹介しました。
また断熱は家族の健康や怪我を防ぐだけではなく、省エネにもつながるのでおすすめです。

千葉県我孫子市にある当社では自然エネルギーを取り入れた省エネ、断熱を意識した住まい作りを行なっています。
もし、断熱を意識した住まい作りを考えている方がいましたら、ぜひご相談ください。