注文住宅を建てる際、気をつけるべき高性能住宅とは【千葉の専門家がご紹介】

「家を建てたいけど何から始めて良いか分からない、注文住宅ってよく聞くけど大丈夫なんだろうか。」
ほとんどの人にとって、家を建てることは一生に一回だけです。
ですので家を建てる時の知識がないのは当然です。
この記事では注文住宅を建てる時の注意点、またおすすめする住宅についてご紹介します。

 

□注文住宅とは大丈夫なのか


注文住宅とは元から間取りなどが決められた家とは違い、自分の希望を生かして建築された住宅のことを指します。
注文住宅を依頼する際、一番気になることはしっかりと希望通りの家が建てられるのか、ということです。
せっかくの注文住宅なのに希望を無視されて家を作られたら嫌ですよね。
そのため業者に注文住宅を依頼する時は「信頼できる業者かどうか」について良く調べましょう。

 

□おすすめするのは高性能住宅とは


高性能住宅という言葉をご存じでしょうか?
高性能住宅とは気密性、断熱性、耐久性などに優れた住宅のことで、快適に暮らすための様々な工夫があります。

これらの高性能な注文住宅は、冷暖房費が削減で来て、省エネ効果も大いに期待できます。

 

*高性能住宅の工夫とは


高性能住宅では「部屋による温度差が小さい」「省エネルギーを意識している」「地震や台風に強い」などの工夫点があります。
千葉県や茨城県で、注文住宅を意識している人は同時に「その業者は高性能住宅を意識してるかどうか」についても確認しましょう。

 

□省エネ対策を意識した家作り


今の時代、注文住宅を依頼する時は高性能住宅。
千葉県をはじめ、日本の気候は冬が温度が一桁になるほど寒く、夏は猛暑となります。
このように一年に気候が大きく変化する国は珍しいです。
そのためしっかりと日本の気候に対応した高性能住宅を建てなければいけません。
また2020年に住宅の省エネ基準の義務化が予定されているように、これからは「いかにエネルギーを使わないで生活をするか」ということが大事になります。
注文住宅を業者に依頼する時は、性能にこだわりのある業者選びを心がけましょう。

 

□まとめ


この記事では「注文住宅を依頼する際には気密性、断熱性、耐久性に優れた高性能住宅であることを意識する、また今の時代、高性能住宅にすることは必須である」ということをご紹介しました。
国が住宅の省エネ化を進めている現在、注文住宅にする場合は太陽光パネルを使った発電はもとより、さらに進んだ先進住宅は、太陽熱や地熱などの使用量0円の自然エネルギーを生かしたシステムを取入れた、高性能住宅のような日本の気候に対応した家作りが求められます。
当社では千葉・茨城県を中心に自然素材を使用した注文住宅、高性能住宅のデザインを千葉県我孫子市で行なっています。
もし新築住宅を考えている方がいましたら、ぜひご相談ください。