体に優しい注文住宅の作り方!賢い家づくりを千葉の専門家がご紹介

「注文住宅で家を作ろうと思うんだけど体に優しい家を作って欲しい、どうしたらいいんだろう」

このように考えている方はいらっしゃいませんか?
親や御自身の老後のことを考えたら体に優しい家作りは意識しなければいけません。
また、お子様がいらっしゃるご家庭はシックハウス症候群なども心配なのではないでしょうか。
では実際に体に優しい家づくりとはどういったものなのでしょうか。
千葉・茨城県を中心に自然素材を使用した注文住宅を請け負っている当社がご説明いたします。

 

□体に優しい家づくりとは

 

体に優しい家づくりとは「段差が少ない」や「階段に手すりがついている」ということが挙げられます。
しかし、これは見える部分の処置にすぎません。
大事なのは「見えない部分のバリアフリー化」です。
例えば浴室と脱衣所の温度差をなくす、温度のバリアフリー化、そして地震や自然災害に強い家を作ることです。
また最近では「アレルギーでしんどい」や「鼻炎が治らない」などの住宅建材が原因で引き起こす問題も多く聞かれます。
そのため注文住宅を依頼する時は、見える部分・見えない部分のバリアフリー化、そして住宅建材による問題を防ぐため、自然素材にこだわった家づくりを考える必要があります。

 

□省エネを意識した家作り

 

また現在では省エネを意識した家づくりも必要となってきます。
省エネを意識することで太陽光熱や太陽光パネル、地熱エネルギーを使い、より環境に良い、またお財布にも良いエネルギーを使い生活できます。
2020年には住宅の省エネ基準の義務化が予定されているように、これからは、使用量がただの自然エネルギーをどのように使うかということが大切になってきます。
また自然エネルギーと同時に調湿作用などが期待出来る、自然素材を使った家づくりも大切になります。
自然素材は環境に良いだけではなく、アレルギーやシックハウス(住宅の高気密化や化学物質を放散する建材・内装等の使用による室内空気汚染のこと)を引き起こすリスクの軽減が出来ます。

 

□まとめ

 

この記事では「注文住宅を依頼する時には体に優しい家づくりを行なっている業者を選ぶべき、また省エネも意識することでより快適に生活できる」ということについて千葉・茨城を中心に活動している専門家がご紹介しました。
省エネとは単に節約するだけでなく、快適で自然エネルギーや自然素材を利用し、無駄なエネルギーを使わないお財布にも優しいことです。
当社ではそのような自然エネルギーを取り入れた省エネ、また体に優しい自然素材を使用した住まいづくりを行なっています。
もし体に優しい住まいづくりを考えている方がいましたら、ぜひご相談ください。