注文住宅の耐震性を高めるには!?茨城の注文住宅業者がご紹介

「テレビでは毎日にように大きな地震がくると言われている。けど私の家って耐震性は大丈夫なのかな」
このように考えている方はいらっしゃいませんか?

そこで 気になるのが「家の耐震性」です。
これから家を作ろうと考えている方に向けて、この記事では「注文住宅などの耐震性を高めるには」ということについて書いていきます。

 

□耐震性の高い家ってどんな家?

 

地震大国の日本に家を建てるにあたって、耐震性を考えて家を建てるのは非常に重要です。
耐震性を上げるためには「住宅を建てる時、屋根に軽い素材を使う」や「耐力壁や耐震金物がしっかりと配置されているか」など様々な方法があります。
しかし、素人である私たちが業者に「耐力壁や耐震金物はどこに配置しましたか」
と聞いてもあまり分からないですよね。
そこで専門的な知識を持っていなくても、地震に強い家であると見極めるために「耐震等級」というものがあります。

 

*耐震等級とは


耐震等級とは住宅性能表示制度という住宅の基本性能をランク付けする制度です。
耐震性があるかどうかの基準となります。
耐震性については[1][2][3]と3つにランク付けされており、[3]が最も高く、数百年に一度起こる大地震の1.5倍の地震でも崩壊しないという強さになっています。
ランク[1]の建物も建築基準法を違反している訳ではありませんが、耐震性をこだわるならランク[3]の建物を建てるのが良いでしょう。
耐震性を確かめたいときには注文住宅を依頼しようと考えている業者に
「標準で、耐震等級ランクはいくつの家を建てていますか?」
と一度聞いてみるのが良いでしょう。

 

□耐震性の他に気をつけること

もちろん「屋根にどんな素材を使用しているか」や「耐震等級はどのくらいか」などは重要です。
しかし、もう一つ重要なことがあります。
それはどこに家を建てるかということです。
例えば茨城県の場合だと、海に隣接している地域があります。
地震が起こり、大津波が来るとします。
いくら耐震性の強い家でも揺れと波は別物です。
耐震性の他に、その地域のハザードマップ等を確認して、注文住宅を依頼する必要があります。

とは言っても、土地選びの際に、その土地の揺れ安さや、液状化、その他災害の被害の可能性等を調べるのはとても大変なことですね。

ソーケンアービックでは、お客様の土地選びのお手伝いとして、土地の情報レポートを無償で提供していますので、是非ご利用ください。

 

□まとめ

 

この記事では「注文住宅を作る際、耐震性を高めるにはどうすれば良いか、また気をつけるのは耐震性だけではなく、地域のハザードマップも気を付ける必要がある」ということをご紹介しました。
現在でも頻繁に地震が起こっているため、耐震性を意識した家作りは必須となっています。
当社では茨城を中心に耐震性を意識したお家づくりを行なっております。
耐震にとても有効な制振工事も行っていますので、耐震性に優れた注文住宅についてご興味がありましたら、ぜひご相談ください。