住まいをエコ住宅化!?エコ住宅のメリットをご紹介

「省エネ化やエコ住宅という言葉がよく耳にする。エコ住宅にしようか迷うけど、実際エコ住宅ってどうなんだろ」
このように考えている方はいらっしゃいませんか。
2020年には住宅の省エネ基準の義務化が予定されているように、これからはエコや省エネにこだわった住まい作りが大切になってきます。
そこで今回はどのように住まいをエコ住宅というのか、またエコ住宅にはどのようなメリットがあるのか、などを紹介していきます。

 

□エコ住宅とはどのような家か

 

そもそもエコ住宅とはどのような家なのでしょうか。
エコ住宅とは環境への負荷をできるだけ少なくすることを目的として建てられる住宅のことです。
家を建てるときに自然素材を利用したり、使用するガスの量を減らしたり、電気をなるべく節約するなど、エコ住宅にすることで環境や健康に良いだけでなく家計にも優しい住まい生活を送ることができます。
また、自然エネルギーを利用した家もエコ住宅の一つです。
自然エネルギーを利用した住まいの例として、太陽光発電が有名ですが、さらに進んだシステムとして、太陽熱や地熱を取入れて、冷暖房をする注文住宅も注目されています。

さらには、樹木の配置や住宅のプラニングを工夫して、外部環境の影響の少ない住宅を造る事も大切です。

 

□エコ住宅のメリット


*お財布に優しい


エコ住宅とはその住宅で消費するエネルギー量を少なくした住まいのことです。
ですので、消費エネルギーを削減できて毎月の光熱費の節約が出来、家計費計の負担を減らすことが出来ます。
また家で太陽光発電で作った電気を電力会社が買い取ってくれるサービスもあります。
このサービスを利用することで電気代が無料になるだけではなく、毎月電力会社からお小遣いをもらうことができます。

 

*健康に良い


エコ住宅を建てるにあたり、使う素材を吟味しないとシックハウス症候群(建材木から発生する化学物質などにより室内空気汚染等によって引き起こされる健康被害)などが起こすことがります。
またエコ住宅を意識しないで、部屋ごとに温度差のある家を作ってしまうと、ヒートショック(入浴時などに体温や血液の急激な変動によって脳や心臓に負担をかけ、危険な状態になること)を引き起こし、最悪死に至る可能性が高まります。
そのためエコ住宅を意識した家を作ることは家計に優しいだけではなく、家族の健康被害を防ぐことにもつながります。

 

□まとめ

 

この記事では「エコ住宅とはどのような住まいか、またエコ住宅にするメリット」をご紹介しました。
今後住宅の省エネ化が進んでいく日本、エコ住宅を意識した住まい作りは必須となってきます。

キチンとしたエコ住宅を造るには、多くの経験と知識が必要となり、それらをクリアした業者の選定が最も大切な事となります。
当社では体に優しい自然素材を使用したエコ住宅造りを専門に行なっています。
もし、エコ住宅についてご興味がありましたら、ぜひ当社にご相談ください。