茨城の方へ!注文住宅で使える無垢材のおすすめポイントについて

注文住宅を建てたいとお考えのみなさん、自然素材をご存知ですか?
自然素材には様々な種類があり、その中でも無垢材というものが人気です。
この素材は自然の中にあるものから取り出されたものだけを使っています。
そのため自然の素材が持つ特徴を、住まいづくりに置いて最大限に賜発揮します。
今回は、そんな無垢材のおすすめポイントをご紹介します。

 

□無垢材とは

 

無垢材とは自然の中にある物から取り出してきた素材で、その素材のみが使われているものです。
例えば、大きな木から木材を切り出し、それを必要な形に加工して、柱や梁、フローリングなどとして使用します。
自然から取り出し素材に特性を残し、そのまま使うことが特徴です。

 

□おすすめポイント

 

無垢材には、その自然から取り出されたものをそのまま使うという特徴から様々なメリットが存在します。

 

*自然素材

 

まずは、自然素材ということです。
化学物質によるアレルギー症状が出ないことが特徴です。
自分の住む家は化学物質や過度のコーティングを使用せず、自然で作られた素材を使いたいという方や子育てを考えて子供のために自然素材が良いといった考えの方におすすめです。

 

*雰囲気

 

次は雰囲気です。
コンクリートや複合フローリングとは違い、無垢材を使うと自然の木の雰囲気を味わうことが可能になります。
質感や雰囲気にこだわりたい人や、自然素材の持つ柔らかな雰囲気が好きな人におすすめです。

 

*温度

 

無垢材は温度に関しても良い効果を発揮します。
まずは、断熱効果です。
木材は、コンクリートや鉄などの素材に比べ、断熱効果が高く熱を通しにくいのです。
断熱効果が高いと、冬の寒さを部屋まで伝えないようになり、快適に過ごすことができます。
さらに無垢材の凄いところは、素材の中にある導管に熱を蓄え、フローリング等に使用すると、足の冷たさの感じが軽減されます。

 

*湿度

 

湿度についても、無垢材からのメリットが存在します。
無垢材は木からそのまま取ってくるので木の性質がそのまま残っています。
木の性質として、湿度が高いときは湿気を吸収し、湿度が低いときは湿気を放出するという効果があります。
これにより、より快適な部屋の湿度を自然に作り出すことが可能になり、夏の蒸し暑さや、冬の過乾燥を防いでくれます。

 

□まとめ

 

このように無垢材には多くのおすすめポイントがあります。

しかし、干割れや収縮などのデメリットも存在します。

無垢材などの自然素材を住まいに取り入れるには、素材の特性をよく理解している施工業者を探す事も重要です。
ソーケンアービックでは、以前から自然素材を多く使った住まいを提供していますので、無垢材や漆喰などの自然素材の注文住宅を建てたいと思ったら、是非ご相談下さい。