我孫子で注文住宅をお考えの方へ|住宅の断熱性能を考えよう!

我孫子市で注文住宅をお考えの方に、住まいの性能について専門家が詳しく解説いたします。

◇住まいの性能とは何か

我孫子市でも注文住宅や建売住宅の一戸建ての住宅が沢山建っていますが、これらの住宅の住み心地はどうなのでしょうか?

我孫子市は、真冬の厳冬期の最低気温は、-5°程まで下がりますし、猛暑の夏の最高気温は、37℃程まで上昇します。

このような環境の中で、毎日暮す住まいの環境を考えてみましょう。

 

◇断熱性能について

そもそも住まいの断熱材は、なぜ必要なのでしょうか。

「冬寒くないため」「夏暑く無い為」・・・どちらも正解です。寒く無くするためには暖房、暑く無くするには冷房すれば解決するのですが、外気温断熱材が無く、外気温をそのまま快適な温度までするには、莫大な光熱費が掛かってしまいます。それを補うために天井や屋根、壁、床などに断熱材を入れて、外気温の影響が室内に持ち込まれないように断熱材を施します。

冬の窓に結露が起こっているのを見たことがあると思いますが、これも温度の低い外気が温度の高い室内の空気と接して、温かい空気中にあった湿気が冷やされて、持ちきれなくなった分(飽和水蒸気)が窓に水滴となってあらわれます。

この現象が窓だけでしたら雑巾で拭いたりして対処できますが、断熱性能低い住宅は、結露が壁の中や屋根裏、床下で起こっているのを御存じでしょうか。

上記の見えない所に結露が起こると、対処する事が出来ない為、湿気によってカビが発生して、数年で腐ったり、材料の強度が無くなり、屋根を支える野地板や床がフワフワになって、台風の時に屋根が飛んでしまったりします。

断熱の性能や施工方法がキチンとしていないと、寒さや暑さばかりでなく、カビやダニの発生が多くなり、そこで暮らす人の健康を害したり、建物の寿命を縮めたりすることになります。

 

◇断熱施工の方法

断熱材の施工方法には、大きく分けて以下の3つの方法があります。

①内断熱工法(充填断熱工法)

②外断断熱工法(外張り断熱工法)

③ダブル断熱工法(外断熱+内断熱(付加断熱))

     

 

上記の結露やカビの発生状況の画像は、いずれも①の内断熱工法による物です。

柱や梁、土台の部分には、物理的に断熱材を施す事が出来なく、構造材との接点に隙間(断熱欠損)が起こってしまう為、結露の発生が起こります。

次に②の外断熱工法ですが、柱や梁、土台の部分も含めて外側から断熱材ですっぽり家を覆てしまう為、内断熱工法に比べて断熱の無い部分や隙間(断熱欠損)が生じにくく優れた工法と言えます。ただ、外側の断熱材を介して外壁を支えるため、使用する断熱材の厚さに制限が掛かります。

③のダブル断熱工法は、内断熱工法と外断熱工法の欠点をそれぞれで補うもっとも優れた断熱工法と言えます。

とは言え、断熱性能は材料ばかりではなく、丁寧な施工がとても大切です。実際現場で施工管理する現場監督や断熱工事をする実務担当者が断熱の知識や大事さを認識して施工を行うかも大切です。

 

◇まとめ

我孫子市で注文住宅の建築や建売住宅の購入を考えている方は、展示場や販売所に行った際には、是非断熱材は何を使ってい入るかと、建物の断熱性能はどれくらいかを必ず聞いて確かめて下さい。

出来ればUA値(外皮平均熱貫流率)を聞いてみて下さい。これは、注文住宅や建売住宅の断熱性能を数値化した物で、値が低いほど、断熱性能の高い住まいと言えます。

我孫子市や柏市などでのUA値の理想は、0.6[W/m2K]以下が理想です。

弊社が我孫子市や柏市などで提供している注文住宅のUA値の平均は、0.4[W/m2K]ほどで、毎月の光熱費は1万円程(オール電化)とかなりの省エネの住宅です。