千葉の注文住宅業者が解説|自然エネルギー利用システムの住宅とは

断熱性に興味がある方は、冬は、どのようにして家の中の熱を閉じ込めておこうかと考えているのではないでしょうか。
もちろん、家の中の熱が外に逃げなければ冬は暖かくなります。
また、家の外の熱が入りにくいので、夏にはクーラーの効きが良くなりますよね。
ただ、熱を遮断したり、閉じ込めるだけでなく、自然エネルギーを利用するという画期的な冷暖房システムもあるのです。
この記事では、そのシステムについてお話しいたします。

□従来の断熱システムとは

従来の断熱システムは、外気の影響を部屋にどれだけ伝わらないようにするかという点に重きを置いていました。
つまり、断熱材を壁や床下に取り付けることによって、部屋の温度をなるべく一定に保とうとしていたのですね。
このシステムによって、夏場には外の熱が部屋の中に入ってくるのを防いで、冬場には家の中の熱が外に逃げてしまうのを防いでいました。

□自然エネルギー利用システムとは

自然エネルギー利用システムは、従来の断熱システムとは全く違います。
もっとも異なる点は、熱を逃がさないのではなく、自然エネルギーを用いて熱を有効活用するという点です。
ここでは夏場と冬場に分けて、自然エネルギーの使い方をご説明いたします。

*夏場の利用方法

夏場の自然エネルギーの利用方法としては、地下深くの熱を利用します。
湧水や井戸の水が夏でも冷たいように、どれだけ暑い地域でも、地下は太陽が届かないので涼しく
その熱を地上の家に送り込むと、冷房代わりになって室温が下がるのです。

*冬場の利用方法

冬場の自然エネルギーの利用方法としては、屋根や壁当たった太陽熱を積極的に部屋に取り入れる方法です。
つまり、日光の持つ熱エネルギーを活用すれば、冬場でも機械による暖房をあまり使用しなくても、暖かい室温をキープできるということですね。
また、地熱は、夏でも冬でも一年を通して17℃程で安定していますので、冬の外気の取入れも地下からの空気を取入れる事により、氷点下までなる外気を直接部屋に取り入れるより室内の温度降下を抑える事が出来ます。

□自然エネルギー利用システムのメリット

*ランニングコストが抑えられる

自然エネルギー利用システムにかかるエネルギー利用コストは、0円です。
機械による冷暖房だけに頼らない為、光熱費を普通の家の半分ほどに抑える事が出来、かなりの省エネ効果が得る事が出来ます。

*室温が安定する

室温が安定する点も大きなメリットです。
自然エネルギー利用システムを専門の設計士と施工者によって造り上げ、同時に空調設計をする事により、夏は何もしていなくても涼しい空気が送られてきますし、冬には家に熱を取り込めます。

□まとめ

この記事では、自然エネルギー利用システムについてお話しいたしました。
従来の断熱システムと比べてどのような違いがあるのか、メリットについてもご理解いただけたのではないでしょうか。
低コストで夏は涼しく、冬は暖かい方が良いという方にとって非常にメリットが大きいので、ぜひご検討ください。