千葉で注文住宅をお考えの方へ|ダブル外断熱って?メリットを解説!

家の断熱性能を高めたいと考えている方は、非常に多いのではないでしょうか。
やはり、注文住宅を建てるにあたって、どの季節でも過ごしやすいという点は外せないですよね。
そんな方にオススメなのが、ダブル外断熱工法を用いた住宅です。
この記事では、ダブル外断熱の特徴だけでなく、そのメリットまでご紹介するのでぜひ参考にしてください。

□従来の断熱工法

従来の断熱では外断熱か内断熱かのどちらかでした。
外断熱は、建物の柱より外側に断熱加工をして、柱や土台、梁を含めてすっぽりと建物全てを断熱材で包み込むという工法です。
こうすることによって、建物の外側と内側の温度差を減らして結露が発生しにくくなります。
基礎断熱ではシロアリに弱いというデメリットがあるので、断熱材の防蟻対策が必要です。

内断熱は、外壁の中に断熱材を取り付ける工法で、外断熱に比べて柱や土台、梁があるところには物理的に断熱施工が出来ない為、外断熱工法に比べると断熱性能が低くなりやすいと言われています。
現場監督や大工さんが断熱に対する知識や認識が低いと、性能にばらつきが出やすいですが、材料が比較的安価で、どこの業者でも施工が可能な工法です。


□ダブル外断熱とは

ダブル外断熱は、高性能の外断熱に、さらに付加断熱(内断熱)をプラスして断熱性能を高めた工法だと考えていただければ良いでしょう。
外断熱は家の外をすっぽりと覆う工法であり、それだけで十分な断熱性があります。
付加断熱は、その外側にさらに断熱材を付加するという工法です。
つまり、さらなる断熱性能を求めている方にオススメの断熱システムということですね。

□ダブル外断熱のメリット

*結露が少なくなる

家の中と外の温度差によって結露は生じます。
家の外側に断熱材を付加するダブル外断熱では、外気と内気の温度差をしっかりと遮断できるため結露が生じにくくなる点が魅力的です。
結露はカビやダニの発生の元にもなるので、快適でクリーンな家に住みたいという方には嬉しいのではないでしょうか。

*断熱性能が上がる

断熱材を増やすので、当然断熱性能が上がります。
室温を一定に出来るため、ヒートショックのリスクが減り、従来の断熱システムに不安がある方にオススメです。

*省エネ

断熱効果によって、冷暖房の使う頻度が減り、光熱費が大きくs苦言が可能です。
それだけでなく、一次消費エネルギー量も減り、環境にも優しいので、快適で人にも地球にも優しい省エネな生活を実現しやすくなるでしょう。

□まとめ

この記事では、ダブル外断熱についてお話しいたしました。
ダブル外断熱の特徴やメリット、そして従来の断熱システムとの違いについてご理解いただけたのではないでしょうか。
弊社では、このシステム以外にも、太陽熱や地熱などの自然エネルギーを利用する自然エネルギー冷暖房システムも取り扱っています。

省エネや快適な暮らしに興味のある方や、この記事を読んで疑問に思った方はぜひご連絡ください。