【千葉で注文住宅を建てよう】住宅の省エネ化、その方法と効果とは

省エネな家電、省エネな自動車など、近年様々なものにおいて省エネ化が訴求されていますね。

実は、家作りにも省エネ化の流れがやってきています。

ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)という言葉を聞いたことはありますか?

これからは家電や自動車だけでなく、住まいまで省エネにすることが当たり前の時代になるのです。

しかし、

「どうやったら省エネな家を作れるの?」

「家を省エネにすることで何かメリットがあるの?」

と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

今回は、住まいを省エネ化するために必要なこと、そして住まいを省エネ化するメリットについてご紹介します。

 

□住まいの省エネ化に適した構造・素材

家を省エネ化するということは、つまり家で使用するエネルギー量を極力抑えるということです。

家で使用されるエネルギーの中でも、使用率で大きな割合を占めているのは、照明と空調ではないでしょうか。

照明は毎日使用し、空調は特に、真夏や真冬になると頼りっぱなしになっていることと思います。

そのため、家の構造を照明や空調をなるべく使わないように変えてしまうことが、家の省エネ化における一番の近道なのです。

具体的に家の構造にどんな工夫を施すのかというと、断熱性能を高めたり、光の導線を意識したりします。

家の断熱性能を高めれば、一度エアコンで適温にするだけでその温度を長くキープすることができます。

また、光の導線を意識した構造にすれば、昼間は照明を使わずに太陽の光だけで生活することができるのです。

このようにして、日中に太陽光が部屋に差し込むと室温が上昇し、暮らしやすい温度になってくれますね。

その時の温度を長時間保つために、弊社では高性能なフェノールフォームという断熱材を使用しています。

フェノールフォームは地球温暖化防止のために脱フロン化を目指したものとして開発されました。

これによって生活環境がよくなるだけでなく、環境にも負荷が少ないのです。

また、従来の断熱材に比べてシックハウス症候群を引き起こすホルムアルデヒドの発生量も少なくなっています。

 

□住まいを省エネ化して得られる効果・メリット

住まいの省エネ化が果たされると、その家で暮らす私たちにどのような効果がもたらされるのでしょうか。

地球規模で考えると、地球温暖化などの環境問題の解決に貢献しているというポジティブなイメージがあります。

私たちの生活に直接影響のある、ひとつの大きなメリットとしては、かなり節約になるということが挙げられます。

家全体を省エネ化することで、今までと同じような生活をしていても、光熱費が低くなることが期待されるのです。

 

□最後に

今回は、住まいを省エネ化するために必要なこと、そして住まいを省エネ化するメリットについてご紹介しました。

住まいの省エネ化は、地球の環境にも、家庭のお財布にも優しいのです。

これから住まいの省エネ化の動きはどんどん広がっていくことでしょう。

みなさんもぜひ、検討してみてはいかがでしょうか。