千葉・茨城で注文住宅を建てるなら、自然エネルギー利用の高性能住宅がおすすめ!

自然エネルギーがおすすめ!

近年では、機械の冷暖房になるべく頼らない自然エネルギーを利用した住宅が増えてきました。地球にも優しく、お財布にも優しいこれらの住宅が人気のポイントとなっています。しかし、自然エネルギーを利用した住宅が存在していることを知らない方はまだまだ多いくいらっしゃいます。

そこでこの記事では、自然エネルギーを利用した住宅を詳しく説明するとともに、自然エネルギーを利用して、断熱性能を高めた高性能住宅にはどんなメリットがあるのかを紹介します。これからマイホームを購入しようと考えている方には参考になる記事となっていますので、ぜひご一読ください。

1.自然エネルギーを活用した高性能住宅には様々なメリットがある

自然エネルギーを活用した高性能住宅には、他の住宅にはない様々なメリットがあります。そもそも自然エネルギーを活用した高性能住宅は、断熱の事や結露、カビ、ダニの発生のメカニズムをよく理解した御術者のいる建築会社でなければ造る事が出来ません。そのほか、住宅に使用する素材を無垢の木材にするなどして、室内環境を改善し、暮らしの中から自然を堪能することができるのです。

2.自然エネルギーを活用した高性能住宅のメリットを5つ紹介

それでは、自然エネルギーを活用した住宅のメリットを紹介します。紹介するメリットは、以下の5つになります。

  • カビやダニを防ぐことができる
  • 光熱費があまりかからない
  • ヒートショックのリスクを軽減できる
  • 室内熱中症を防ぐ
  • 居住空間に自然を感じることができる

それでは、これらの5つのメリットについて一つ一つ詳しく説明します。

2-1.カビやダニを防ぐことができる

まず最初は、カビやダニを防ぐことができるということです。カビやダニが発生する主な原因は皆さんもご存知でしょう。その原因の多くは湿気です。断熱性能や断熱施工がきっちりと出来ていない住宅は、ガラス面ばかりではなく、壁の中や天井裏、床下でも結露が発生して住まいの湿度を高くしてしまいます。湿気は住宅の土台や柱などを腐らせてしまい、上記で説明した通りカビやダニの発生を促します。ですので、住宅で湿気が多いことはデメリットの部分が多くなります。

しかし、屋根・壁や住宅であれば、床下や壁の中に通気口を作り、住宅の内部から通気性をよくするため、湿気を寄せ付けません。そのために結果、カビやダニの発生を防ぐことができるのです。

2-2.光熱費があまりかからない

自然エネルギーを活用した高性能住宅では、光熱費が普通の住宅に比べかなり抑える事が出来ます。その理由としては、冷暖房に使用する、自然界にある、太陽熱や地下にある一年間安定した温の度空気の使用量は0円だからです。また、断熱性能が高い事により、外気の温度の影響が室内には伝わりにくくなります。(これを熱伝導率が低いと言います)
暮らしの中で大きな割合を占める住宅費ですが、住宅ローン+光熱費になります。このうちの毎月の光熱費の平均が1万円程で生活可能にしたのが、自然エネルギーを活用した高性能住宅です。長い目で見ると年間約12万円、35年のローン期間では、420万円もの削減になります。

2-3.ヒートショックのリスクを軽減できる

ヒートショックと言う言葉を聞いたことがあるでしょうか?室内の温度差により血管の収縮が起こりお年寄りの方が家の中で亡くなったり、重度の後遺症が残る状態になる事を言います。現在全国で、交通事故で亡くなる方の人数は、5000人を下回っていますが、ヒートショックで家の中で亡くなる方は、15000人程いると言われています。日本の住宅の室内環境は、先進国の中で一番遅れていると言われていますが、それを改善したのが、自然エネルギーを活用した高性能住宅です。
上記でも述べたように、高性能住宅は、窓を含めた家全体の熱伝導率が低く外気の影響を受けにくい住宅です。それは、同時に室内の冷暖房の効きも良く、安定した室内環境を保つことが出来ル住宅と言えます。家一軒をダブル外断熱材ですっぽりと覆い、専門の技術者がプランや換気計画をを行う事により、家の中に温度差が少なくなり、一年を通してエアコン一台で過ごすことが出来る快適な室内環境を保つことが出来ます。また、廊下や洗面脱衣所、トイレなど部屋中どこに行っても寒さや暑さを感じる事はほとんどありません。

2-4.室内熱中症を防ぐ

自然エネルギーを活用した住宅は上記でも説明しましたが、夏でも部屋自体の温度がかなり上昇しすぎるすることを防ぐことができるため、室内熱中症にかかることがほとんどありません。室内にいたとしても、日中でも室内にいるお年寄りの方や小さいお子さんは自分で体調の管理ができない場合があります。しかし、自然エネルギーを活用した高性能住宅に暮らせば、そのような問題もなく、自然の熱交換や湿度調整が出来るので、熱帯夜の寝苦しさも軽減する事が可能です。

2-5.居住空間に自然を感じることができる

自然エネルギー利用と同時に自然素材を使用する事により、居住空間に自然を感じることができます。自然素材を使った新築の家を見学に行ったことがある方はご理解いただけると思いますが、玄関を開けた瞬間にほのかに漂う木材の香りが漂うのを感じるでしょう。
以前に森林浴がはやり、森や林が多くある場所に出かけられる方が多くいらっしゃいました。これらの癒しの効果をもたらすのは、樹木に含まれるフィトンチッドと言う香り成分による物です。このフィトンチッドは、自然に生息する樹木ばかりでなく、製材した木材からも発せられることがわかっています。それこそが木の家に入った時にほのかに漂う木の香りです。フィットチッドの癒しの効果としては、脈拍や血圧の低下、脈拍の乱れの軽減、ストレスホルモンの現象があると言われています。
自然素材を多く取り入れた木の家では、部屋の中にいながら自然を感じる事が出来、これらの癒しの効果が得られるため、ゆったりと落ち着いた感じを受けるのです。

3.地球に優しい住宅で暮らすことの幸福感

現在までの住宅でには、私たち人間が自然環境に対する影響はあまり考えずに作り上げた住宅が多く存在します。しかし住まいは私たちにとっては生きていく上で必要なものになります。
しかし現在では、化石燃料をあまり消費しないで、自然界の中にある太陽エネルギーや地熱エネルギーを利用した、地球環境にも優しい住宅で暮らすこともできるのです。
将来の子供や孫たちの暮す地球環境を考え、これから住宅を購入しようと検討している方は、ぜひ自然エネルギーを活用した住宅を考えてみてはいかがでしょうか。
あなたの求めるマイホームのイメージが変わるかもしれませんよ。

4.まとめ

いかがでしたか。自然エネルギーや自然素材を活用した高性能住宅についてご理解いただけましたでしょうか。自然エネルギーや自然素材を活用した高性能住宅は、私たちの暮らしに自然を感じさせてくれるだけではなく、地球環境に優しいといったメリットがあります。ご自身の住んでいる住宅が地球に優しいとなると、住んでいるだけで幸福感が溢れるでしょう。 

千葉・茨城で注文住宅を承るソーケンアービックでは、自社独自で開発し特許を取得した自然エネルギーを取り入れた注文住宅を提供しています。ぜひ、地球環境の優しい住宅に住んでいるという幸福感を味わってください。そのほか、住宅に関することでお困りごとがあれば、お気軽にソーケンアービックまでご相談ください。