住宅ローンの審査は厳しい?千葉・茨城の注文住宅業者が詳しく説明

住宅ローンの審査は厳しい?

マイホームを購入する際は、住宅ローンを申し込む方も多いかと思います。そこで気になるのが、住宅ローンの審査です。そこでこの記事では、住宅ローンの審査について詳しく説明していきます。これから住宅ローンの利用を考えている方には参考になるものとなっていますので、ぜひご一読ください。

1.住宅ローンの審査は厳しい?

住宅ローンは1,000万円を超えるお金を借り入れることになります。ですので当然ではありますが、事前に審査が必要となり、その審査も簡単なものではありません。しかし住宅ローンを組まなければ、1,000万円以上もするお金を即金で払うことは難しいでしょう。そこで住宅ローンの審査の中で何が基準となるのかについて説明します。

2.住宅ローンの審査は2段階ある

はじめに、住宅ローンの審査は以下の2段階があります。

  • 事前審査
  • 本審査

これらの審査には、それぞれ特徴がありますのでそれを詳しく説明します。

2-1.事前審査

まず、第一段階の審査である「事前審査」について説明します。購入する住宅が決まり、購入しようとする前に住宅ローンを組みたい場合に、最初に行われるのが事前審査になります。住宅を購入しようと決まれば、ある程度どれくらいの費用が必要になるのかが明確になるはずです。そこで銀行などの金融機関にローンを組みたいという申し込みを行います。住宅ローンを組む際は、まずはこの事前審査に通らなければなりません。

事前審査で確認されることは収入や財産状況、住宅ローンを組んだ場合に返済能力はあるのか、ということです。そして返済のプランなどを確認し、事前審査が完了です。ただ、ここで収入が住宅ローンを組むのに適していないと判断された場合は、残念ながらローンを組むことができません。

2-2.本審査

本審査とは、信用保険会社などが行う審査になります。信用保険会社が行う審査は、上記の事前審査とおなじく、支払い能力や信用力などが重視されます。ですので事前審査を通った場合は本審査もそれほど心配する必要はありません。しかし、その審査は容易すぎるものでもありません。

3.審査が通らない原因は?

審査が通らない原因はたくさんあるとされており、これという基準が定まっていないのが現状です。ですので審査に落ちた理由さえもわからないことがほとんどです。しかし、審査に落ちる場合は必ず原因があります。例えば購入する住宅の金額がご自身の収入に見合っていない場合や、今まで借金をしたことがありブラックリストに載っている場合は審査が通らない傾向にあります。審査に落ちたからといって気を落とすことはせずに、まず何が原因なのかを考えましょう。

3-1.審査に落ちた場合も諦めないことが大事

審査に落ちたからといって諦めてはいけません。しかしここで注意して頂きたいことは、すぐに別の銀行に行って新たに審査を行うということではありません。審査に落ちたということは、審査に通らない決定的なポイントがあったためです。そのため他の銀行で審査を行っても結果は同じです。

ですので、審査に落ちた場合はまず原因を考え、それを解消していきましょう。それさえクリアできれば、必ず住宅ローンの審査に通ることができますので、最後まで諦めないことが大切です。

3-2.審査に落ちた場合は期間をあけて申し込みをしよう

住宅ローンの審査に落ちた場合、一番簡単に審査に通る方法があります。それは個人信用情報が更新されるのを待つということです。一度審査に落ちた場合は、個人信用情報に記載されている過去の過ちが関係していることがほとんどになります。

しかしその個人信用情報は、5〜10年も経てばリセットされて新しいものに更新されるのです。その状態で審査を行えば、収入面に問題がなければ審査に通ります。ですのでもしも審査に落ちてしまった際は、個人信用情報が更新されるのを待ってから審査を申し込むというのもひとつの方法です。

4.まとめ

住宅を購入するのであれば、ローンを組むことは欠かせません。しかし過去に借金をしていたことや支払いが滞っていた場合は、審査が通らないことも多いです。ですが、一度審査に通らなかったからといって、この先も通らないというわけではないのです。

千葉県や茨城県で住宅作りをしているソーケンアービックでは、お客様の資産を大切に扱い、その資産を最大限に生かした家づくりを提供しております。お客様の希望する住宅を資産内で提供させて頂きますので、住宅に関するお問い合わせは、ぜひ弊社までお気軽にご相談ください。