千葉・注文住宅ブログ|初夏のエアコンの使い方

千葉県や茨城県も、梅雨明けまじかの季節となりました。

昨年は、6月末に梅雨明けしましたが、今年の梅雨は長く「やっと梅雨明けか」という感じですね。

ソーケンアービックの高性能注文住宅にお住いのお客様は、この時期のエアコンの使い方はどうなさっているでしょうか?

断熱性能の高い住宅の場合、温熱環境をこわしてしまうため、窓をあまり開放しないで生活するのが省エネに有効だといわれていますが、春や秋の外の環境も良いときは、花粉やほこりなどの影響のない日は、積極的に窓を開けて換気をして問題はありません。

エアコンは、ON・OFFを繰り返すよりは、運転しっぱなしのほうが省エネなのはご存知だと思いますが、必要のないときにわざわざ使う必要はありません。

私の自宅でも、体感型モデルハウス『アースティ・ラボ』でも、「地熱システム」により、4月上旬から、現在まで、エアコンで暖房や冷房を使用した日は、ごくわずかな日数です。

今の時期の、梅雨から初夏にかけては、それほど外気温が高くなければ、湿度を下げるだけでも体感温度は下がりますので、除湿機能をうまく使えば、部屋の温度も少し下がり、電気代も抑えられ、省エネにもとても有効です。

ただ、弊社の住宅では少ないと思いますが、梅雨寒の日に除湿をして、寒くなりすぎたときに、除湿暖房の機能を使うと、冷房をするより、電気の消費量が高くなりますので、注意が必要です。

大人と違い、子供たちは、機械の中で暮らすよりも、自然に触れあって暮らすほうが、これからの成長を考えると、健康的な暮らし方だと考えます。

寒い冬や、暑い夏でも、気温などの様子を見ながら、自然の環境に触れ合う機会をなるべく作ってあげて下さい。

ソーケンアービックの【人と地球環境にやさしい住まい『アースティ』】にすでにお住いの方も、これから、高性能な注文住宅に住んでみたいと思っている方も、わからないことなどがあれは、何でもお問い合わせ下さい。