千葉・注文住宅ブログ|防犯ガラスっていいの?

千葉・茨城で注文住宅を計画中に読んで頂きたいブログです。

 

今日は、防犯ガラスについてお話します。

 

 

最近は、窃盗被害が増える中で、その手口も凶悪化が進み、千葉や茨城の住宅でも防犯対策の強化が必要となってきています。

被害の多くは、空き巣になりますがその多くが窓ガラスを壊して侵入する手口で、一戸建て住宅の被害の7割がこの手口だそうです。

私たちが出来る防犯対策で一番手っ取り早く簡単なのが、面格子の取付やガラスを防犯ガラスにする方法となります。

 

面格子は、人の出入りや物の出し入れをする可能性のある窓には付けられませんね。
また、近年のスッキリとしたシンプルモダンデザインの住宅には、あまり合わないこともあり、ガラスでの対策が多くなってきています。

 

よく防犯ガラスと勘違いされるガラスに、強化ガラスや網入りガラスはありますが、これらは防犯効果はあまり期待できません。

強化ガラスの場合表面を熱してすぐに冷却し、表面に幕ができる事で耐風圧強度を上げていますが、先のとがったものでたたくと、いとも簡単に割れてしまいます。

また、網入りガラスは、防火対策のために作られたガラスですので、強度は普通のガラスと変わりがなく、網を切らなければ侵入出来ないということはありますが、ガラスを割ったときの音があまりしない為、泥棒にはかえって好都合なガラスと言えます。

 

防犯ガラスというのは、ガラスとガラスの間にポリカーボネイドのような特殊な板を挟んで作ります。

それらの基準は、板ガラス協会により定義されています。

 

やはり防犯を考えると、防犯ガラスでないとあまり意味がありません。

 

では防犯ガラスを採用した場合、金額はどれくらい違うのでしょか?

弊社のが千葉や茨城で提供する、高性能注文住宅『アースティ』の場合、樹脂サッシのアルゴンガス入りLOW-Eガラスを標準的に採用していますが、引違い16520の掃出し窓の場合、2万円~2.5万円程の差額が出来、縦滑り出しの03611の場合、2000円~3000円程の差額となります。

吐き出し窓の場合は、ガラス面が大きいため差額が大きくなりますので、場合によっては金額がさほど変わらないシャッターを付けるのも、良いかもしれませんね。

 

新しい分譲地などは、近所の方がお互いにお付き合いもまだなく工事中の現場もあったりしますので、夕方の時間帯の空き巣などにも気が付かないこうも多いようで、泥棒などはそこに目を付けて狙うようですので、特に注意が必要です。

 

注文住宅については、それらのガラスの種類も自由に選ぶことが出来ますので、担当者とよく相談をして、最適な方法で、マイホームを建てて頂ければと思います。

 

私たちソーケンアービックでは、住宅の相談やセミナーなどは、すべて技術者が対応させていただいておりますので、どのようなことでも遠慮なくご相談ください。