冬の体感宿泊の予約を閉め切りました。千葉県・茨城の自然素材の省エネ注文住宅のブログ

千葉県我孫子市にある、自然素材の高性能注文住宅『アースティ・ラボ』冬の体感宿泊の予約を閉め切りました。

今シーズンの冬も寒い日が多くありましたが、体感宿泊いただいたご家族の皆様から、「とても暖かく、朝起きるのが楽だった」、「お風呂上がりの脱衣室でも寒さを感じず、ヒートショックのリスクが軽減されると言う事が実感できた」、「玄関でもどこでも部屋の温度差が少なく、子供たちが喜んで家中を走り回っていた」などの感想を頂きました。

4月からは、当分の間体感見のみのご予約となりますが、気温の状況などを見ながら、熱帯夜の時期の夏の体感宿泊の受け付けも始めたいと思いますので、ご期待ください。

 

夏の夜は、なぜ寝苦し良いのか?

 

千葉県の我孫子市や柏市周辺では、熱帯夜と言っても、夜の外気温が30℃を上回る事は、ほとんどありません。

それなのに寝苦し良いのは、屋根や壁の断熱性能が低い為、断熱材その物が昼間の太陽熱で温められて、熱を保ってしまう為、外気温より屋根や壁の中の温度が高くなってしまう為、エアコンを消した瞬間にその熱が部屋に入ってきて、汗をかくほどの室温となってしまします。

 

また、夏の高い湿度も寝苦しさの原因の一つです。

これらを解消するには、除湿が必要となりますが、除湿が出来るのはエアコンか除湿機ぐらいですね。

そこで、当社の自然エネルギー利用システムの一つの、地熱利用システムが効いてきます。

地下深くの冷たい空気と外気温を混ぜて室内に取り込み、室内温度を下げるのと同時に、地下で強制的に結露を起こさせて、水分を捨てた空気が室内に入ってくるため、湿度の低い空気が同時に室内に取り込むことが出来ます。

 

このような夏でも快適にゆっくりと睡眠がとれる高性能注文住宅が『アースティ』です。

今年の夏に、是非我孫子の『アースティ・ラボ』で体感をしていただき、毎日快適に過ごす事の出来る高性能な注文住宅を手に入れてみて下さい。