吹抜けに設けたスノコの廊下-千葉県・茨城県の自然素材の注文住宅のブログ

千葉県柏市の注文住宅で、吹抜けにスノコ上の廊下を設けました。

 

吹抜けの南面に面した窓は、採光に非常に有効に働きますが、窓掃除が出来ないとの声が多く、空気と光の流れに影響を少なくするために、床をスノコ上に仕上げました。

実際に歩くと、下が見えるのでちょっと怖い感じはありますが、安全に施工してありますので安心してください。

来月には、この現場で完成現場見学会を開催予定です。

スノコの廊下ばかりではなく、吹抜け階段だったり、自然素材を多く使ったりと、住まいづくりに参考になることが多い住まいです。

また、断熱性能も高く、UA値=0.37[W/㎡K]を誇り、太陽光発電や、太陽熱や地熱を利用した、自然エネルギー利用システム搭載の、省エネ住宅ですので、千葉県や茨城県で注文住宅を検討中の方は、是非この機会にご覧いただければと思います。