梅雨時や夏の終わり頃のエアコンの設定-千葉・茨城の自然素材の省エネ注文住宅のブログ

皆様がお住まいの、千葉県や茨城県の注文住宅で、真夏の暑い時や、真冬の寒い時は、エアコンの運転を、冷房や暖房で運転していると思いますが、夏から秋にかけての若干残暑があるときや、梅雨時などは、どのようにしていますか?
我々ソーケンアービックが提供する自然素材とダブル外断熱の注文住宅「アースティ」では、エアコンの運転設定を変えるだけで、室内環境が快適でなおかつ省エネな生活をすることが出来ます。

エアコンのメーカーにより若干変わりますが、エアコンの運転の種類には、冷房・暖房・除湿(ドライ)・自動・おまかせ等がありますが、いつも冷房か暖房運転で使用している方が多いのではないでしょうか。

除湿運転でも、冷房効果がある事を御存じでしょうか?
冷房の場合、室内の温度を下げる事が優先ですが、温度を下げた時に空気中の飽和水蒸気量(中学校の理科で習うかな?)がその温度での限界を超えた分の水分が、表面あらわれドレンパイプより外部に捨てられます。結果として湿度も若干下がります。

除湿の場合、湿度を下げる事が優先目的ですが、上記と同じく設定した湿度にするには、温度を下げて飽和状態になるように温度を下げます。結果として室内温度も下がります。

このように、温度を優先するか、湿度を優先するかですが、今日くらい(我孫子で最高気温が30℃程)の外気温の場合、弊社の提供する、自然素材の省エネ注文住宅『アースティ』では、ロフトに設置しているエアコンを、除湿運転するだけで、各部屋が快適な状態(暑くない)となります。

一般的に冷房運転より除湿運転の方が、電気の消費が少なくお勧めですが、気を付けて頂きたいことが、除湿暖房と言う機能です。
梅雨の時期や秋の長雨などの時期で、湿度を下げたいが、寒くなるので部屋の温度は下げたくない場合です。
上記で説明したとおり、除湿をすると室内温度も下がってしまい、それを補うために暖房運転も一緒に行います。
これは、冷房や暖房に比べて、一番電気の消費が多くなります。
ジメジメしてどうしてもこのような運転をするときには、湿度計などを見ながら、なるべく見時間時間の運転にしましょう。

次に、自動運転ですが、これは運転をした時の室内温度や湿度、外気温などを考慮して、エアコン自体が冷房、暖房、除湿の最適な運転を選ぶ機能です。
上記のような微妙な時期には、有効な運転方法です。

最近のエアコンは、高機能な機種も多いですので、取扱い説明書をよく読んで頂き、最適な運転設定で使用してみて下さい。