一戸建て注文住宅の突然のゲリラ雷雨の時の対処法-千葉・茨城の自然素材の省エネ注文住宅のブログ

昨日は、千葉県我孫子市でも、突然のゲリラ雷雨で。前が見えないくらいの土砂降りのなりました。

そのような時、皆様がお住まいの一戸建ての注文住宅などは、どのような対策をすればよいのでしょうか?
台風と違い、あらかじめ対応をして置くのはなかなかむずかしいですが、少しの時間で出来る事をして置くだけで、被害の度合いは、大きく変わります。

バルコニーのドレン(排水)の掃除を普段から、確実に行って下さい。
雷を伴うゲリラ雷雨の場合の多くは、強い風を伴う事が多く、木々の枝や葉が飛んできて排水溝を塞ぐ場合が多くなります。当日は、枝や葉っぱが無いか確認して下さい。
これを怠ると、バルコニーがプール上になり、溜まった雨水が防水層を超えた瞬間に、雨漏りが発生します。




ソーケンアービックの注文住宅では、このようなときに備えて、オーバーフロー管を全棟付けていますが、最近の大雨の場合は、排水しきれない可能性がありますので、必ず対応して下さい。

次に、窓廻りの養生です。

風雨が当たる側の窓の下枠の所に、古いタオルや雑巾等を置いて、窓からの漏水に備えましょう。
暴風雨の場合、サッシの耐風圧値を超える事が多く、特に引違いや上げ下げ窓の場合縦滑りや押し出し窓に比べて、耐風圧が低いので、雨が入りやすいので備えが大切です。







この二つを行っただけでも、被害は大きく変わりますので、ゲリラ豪雨の心配があるときは皆様も試してみて下さい。